テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第五話/全六話

干拓地で育まれたフットボールの一端

 FCドルトレヒトVSデンボスの日本人対決。この試合の前週、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージとリーグアン、立て続けにパリ・サンジェルマンの試合を見る。昨季バルサで今年はレアル。PSGサポーターの小旗を振る手にも力が漲る。しかしバルサ戦でのゴールラッシュとは正反対の結末。負傷者続出のレアルを攻めあぐねスコアレス・ドローに。

66

 その鬱憤を晴らすかのようなサンテティエンヌから奪った怒涛の4得点。この試合で印象に残ったのが、年齢的な衰えを指摘されるズラタン・イブラヒモビッチの一つのプレー。相手DFがキープしているボールを奪い取ったシーンである。アヤックス時代のルイス・スアレスからも似た様なシーンを目にした。オランダでは基本的に3トップの真ん中は守備での貢献を期待されず攻撃に専念させる。イブラヒモビッチもアヤックスユース・コーチ時代のファン・バステンに
「守備でエネルギーを消耗すべきではない」
と助言されている。しかし守備をしない代表格スラタンとはいえあの巨体とリーチが1対1で奪いにこられたら相手も脅える。

65

 オランダでプレーしたFWはプレスの先鋒としてボールを追い浪費することを嫌うが隙を見せれば瞬間“本気”で奪いにくる。かつてエールステ・ディビジで揉まれた本田圭祐が、アヤックスやPSVのプレーヤーを相手にしても対人の強さを発揮し、その成長に一驚した記憶が甦る。スタミナだけでなく効率性や合理性を重視する。土壌に恵まれず干拓で自ら歴史を切り開いてきた先人達、限られた状況を智恵と努力で打開してきたDNA遺伝子が受け継がれているのかもしれない。

64
【レアル戦の注目は、古巣との対戦となったディ・マリア、実は今回この二枚ともう一枚の写真の中でもプレーしている】

42)
 

 ドルトレヒトは前半一度は同点に追いつきながら、後半に呆気なく決勝点を奪われた。この日のポゼッション率は60パーセントを越えシュート総数は15本。しかし、6本のアウェーチームに惜敗した。怒りと焦燥と無念がカメラのファインダー越しでもその表情からは読み取れる。しかし試合が終われば切り替えは早い。SBのポジションと指導者やスタッフも含めた環境を本人は満足し、実際に手応えも感じている。

38)

祝ハンガリ―出場。そしてブダペストのスタディオンを思い起こす

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment