テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ポドルスキはやはりアーセナルから移籍か?

 思うように出場の機会が得られないアーセナルのポドルスキだが、今冬にかねてからの噂どおり、移籍をすることになるかもしれない。現状では交渉はしていない、と名言はしているものの、接触を図っているクラブは多いだろう。

 ワールドカップ後も、移籍期限ギリギリまで複数のクラブが交渉をしていたのは記憶に新しい。

 特にドイツブンデスリーガのヴォルフスブルグ、レーバークーゼンが交渉していたという話が出ており、特にヴォルフスブルグとは移籍寸前まで話が進んでいたという噂も出ていたのだが、果たして今冬に手を上げるクラブはあるのだろうか?

 プレイにムラがあり、交代で入ったにも関わらず試合から消えてしまうこともあり、非常に使いづらい選手ではある。

 しかし、嵌ったときの攻撃力に関しては高いものがあるため、王様としてプレイできる環境を整えればまだまだやれる選手ではあると思うのだが、残念ながら現代サッカーにおいては使いどころが無い選手、というのが彼を説明する上で重要となる。オフ・ザ・ボールの動き難があったり、守備を疎かにする面があり、走ることが求められる現代サッカーでは適応させるのが難しいのがネックになっているのだ。

 個人的には、もう一度古巣のケルンに戻り、現役を終えることが出来れば彼にとってもチームにとっても幸せであるとは思うのだが、現状のケルンではそこまでの資金力は無く、難しいところだろう。

 トルコ辺りのチームに移籍するというのが大方の予想であるようだが、果たして結末や如何に?

 ドイツ代表にもいまや経験の伝授という意味で欠かせない存在だけに、コンスタントにプレイできる環境へ移籍して欲しいものである。

By | 2017-04-21T21:52:34+00:00 10月 17th, 2014|Categories: コラム, プレミアリーグコラム, 移籍情報|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment