テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マインツ岡崎2得点 〜ブンデスで日本人選手活躍〜

*記事が少し古いものとなっております。岡崎選手は昨晩のドルトムント戦で今季3ゴール目を記録しました。

 マインツ所属の日本人選手、岡崎慎司が13日、ブンデスリーガ第3節で2得点を挙げドッペるバックを記録。

同時にMOMも獲得した。

 36分に味方のシュートのこぼれ球を押し込みまず1得点。終了間際にも得点し、チームは3−1と勝利。岡崎が大いに貢献した。
 
 今回のゴールで岡崎は通算28ゴールを挙げたことになる。ブンデスにおける日本人の最多得点記録を更新した。
 
 岡崎のゴールは、ダイビングヘッドによるものや、ごちそうさまゴール、つまり「ごっつぁんゴール」と呼ばれるものも多い。 しかしそれは、類稀なるポジショニングと、ゴールへの嗅覚の賜物だといえる。代表でも点を重ねる彼は、日本人史上最高のストライカーといってもよいのではないか。
 
 岡崎を始め、近年多くの日本人選手の海外挑戦の登竜門となるブンデスリーガ。現在岡崎の他に、香川、原口、大迫などの日本人がドイツの地でプレイしている。これら多くの選手がJリーグを飛び出し、海外に旅立つのは寂しい反面、やはり嬉しいものである。
 海外選手の活躍は、本人の新たなステップアップを証明するだけでなく、後続となる日本国内の若手の星となる。岡崎ら海外組の活躍をテレビ越しに見て、日本で多くの若手が育ち、サッカーを習い始めるちびっ子も増えてきている。岡崎ら海外組の選手が、国内の選手を育てるのである。彼らがゴールを重ねることは、日本のサッカーのレベルアップも果たしているのである。

By | 2017-04-21T21:52:42+00:00 9月 21st, 2014|Categories: コラム, ブンデスリーガコラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment