テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

武藤株爆上げ!チェルシーとインテルから引き!

 当初は単なるエイプリルフールネタだと思われていたFC東京の若き日本代表FW、武藤嘉紀へのチェルシーからのオファーという報道。

 しかし、後にFC東京社長である大金直樹氏の発言でそれが事実であると判明、大騒ぎになったのは読者の記憶にも新しいことであったと思う。

 だが、彼に興味を持っていたのはチェルシーだけでは無かったことが判明したのである。

 FC東京のOBである日本代表DF、長友佑都が所属しているセリエAの名門、インテル・ミラノも武藤獲得に乗り出してきていたのだ。

 既に身分照会、移籍金の提示も済んでいると言われており、いつ正式な移籍のオファーに進展してもおかしくない状況になっている。

 他にもブンデスリーガのレーバークーゼンやマインツ、オーストリア・ブンデスリーガの強豪に成長した、現U21代表の南野拓実が所属しているレッドブル・ザルツブルグなども彼の存在に注目しており、スカウトの派遣を行ったり、その申請をしている最中のようだ。

 昨シーズンのブレイクから日本代表へ抜擢され、そこでさらに大きく花開いたことで、今シーズンも既に4得点を挙げてるだけに、FC東京としても放出するのは痛い存在になりつつある。

 しかし、さすがにまだ海外大チームにまで抜擢されるほどの選手へは成長はしていない。

 FC東京に初の優勝の栄冠を飾り、実力を養ってから海外へ出るか、それともその勢いのままに今夏、海外へ挑戦するのか。

 試合に出れることを第一の条件に考え、自身の成長にあった移籍であってほしいと願うばかりだ。

By | 2017-04-21T21:51:59+00:00 4月 30th, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , , , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment