テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

「規格外の挑戦者」VS“門番”ノルディーア北海道~“多様性”で底上げされる『プレナスチャレンジリーグ』

≪公式記録PDF(なでしこリーグ公式HPより≫

「チャレンジリーグ」がもたらす多様性と底上げ

 ちなみに、同日には同じチャレンジリーグ入替戦を戦い、チャレンジリーグ12位・つくばFCレディースと対戦したINAC神戸レオンチーナも、なでしこリーグ1部のINAC神戸レオネッサのアカデミーとセカンドチームを重ねたチームで、中学生から社会人までが在籍している。しかも、INAC神戸レオンチーナは第1節を2-1と先勝している。

 前述したように、福岡Jアンクラスの退会により、チャレンジリーグには来季からC大阪堺とINAC神戸のセカンドチームのどちらか、もしくはどちらもが昇格してくる事が決まっている。

 確かに男子のJリーグにはすでに、J3に“U-23”のネーミングがつくセカンドチームが存在しているが、彼等は自らが下部カテゴリーからの昇格を掴んだわけではない。育成を目的に立ち上げられ、J3に籍を置くことになったチームである。

 それとは打って変わって、女子サッカー界の3部リーグにセカンドチームが自力で勝ち上がってくるのは、大きな出来事となるだろう。

 そんな「規格外の挑戦者」に対して、ノルディーア北海道や、つくばFCレディースのような大人のチームが“門番”となる。高校や大学、社会人チームに続き、中学生選手やセカンドチームまでが台頭して女子サッカーの競技力を底上げさせるのだ。

 日本の女子サッカー界は2011年のドイツ女子W杯優勝で一気にブームを巻き起こしたが、いきなり世界トップにまで登り詰めた面もあるだろう。「ステップを1歩ずつ踏んで土台を築く」、そんなプロセスは、この“多様性”をもって底上げさせるチャレンジリーグにこそ、重要性があるだろう。

次回予告:ノルディーア北海道FW星山彩香選手インタビュー

 そして、この日の試合後、ノルディーア北海道のFW星山彩香選手にお話しを伺いました。インタビュー内容のコラムは次回公開致します。お楽しみに!

ノルディーア北海道 今後のスケジュール

≪2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 ≫
第1節、12/02(土) 13:00 K.O. C大阪堺G 1-1 ノルディーア北海道
@J-GREEN堺S1メインフィールド(大阪府)
第2節、12/10(日) 11:00 K.O. ノルディーア北海道-C大阪堺G
@まなびの里サッカー場(住所:北海道伊達市東有珠町76番地)
注/上記2試合合計で敗れた場合、INAC神戸レオンチーナVSつくばFCレディースの敗者と来季のチャレンジリーグの座を争う第3節(場所・日時未定)を行う。
※詳しくはクラブ公式コンテンツまで(下記参照)

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment