テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

サッカー王国の名に懸けて、J2降格はあってはならない

 現在、J1リーグ第27節を終えて清水エスパルスは16位。13位のベガルタ仙台とは勝ち点1の差、ヴァンフォーレ甲府、大宮アルディージャとは勝ち点で並ぶが得失点差の差で自動降格圏に沈む。アフシン・ゴトビ監督から清水の大榎克己監督に指揮官を変えたが、思うように成績は伸びなかった。

 就任からの成績は2勝1分7敗。苦しい戦いが強いられている。中でも、DF陣は深刻で、カルフィンヨンアピン、主将の杉山浩太、ヤコヴィッチが離脱。結局、今年の新加入したブエノと平岡康裕がDFを務めた。

 フォーメーションは、長年慣れ親しんだ4-3-3から3-6-1に変更。守備時には、サイドハーフの選手がDFラインに吸収され、5バックの形で守る戦い方で臨んだが、これが全く機能しない。

 5バック、一見守備型に見える方法だがサイド攻撃を中心とするチームには基本的にサイドで主導権を握ることはできない。攻め込まれると、もともとの3バックの選手は中央の選手をマーク。サイドハーフの選手は相手のサイドハーフを見る。ここでフリーになるのが相手SBのオーバーラップしてきた選手。ほぼフリーでクロスをあげられることが多く、サイドでは2対1の状況を作られる。ジャブのように繰り返されるサイド攻撃で失点。さらに、サイドハーフと3バックの選手の間にできたエリアをドリブルで持ち込まれる、どちらがマークにいくか曖昧となってしまい、そこから失点するケースが増えた。

 もちろん、守備にさく時間が増えると、おのずと攻撃の時間は減る。

 結局、ノヴァコビッチと途中出場の村田和哉のスピードに頼りざる負えない。個で得点するしか方法はなかった。

 しかし、26節のセレッソ大阪戦では4-4-2のフォーメーションを使う。

 開始早々に、石毛秀樹のゴールで先制する幸先の良いスタートをきる。前半だけでシュート本数は二けた。相手を終始圧倒し、快勝で勝ち点3を獲得した。セレッソが万全な戦力でなかったとはいえ、(U-19代表の南野拓実や累積警告の長谷川アーリアジャスールらの欠場)J1残留に向け、大きな勝ち点だった。

 高校サッカー選手権で優秀な結果を残してきた静岡だったが低迷。今回召集されている日本代表選手からは静岡組(静岡のJリーグチーム所属、静岡出身の選手)が消えた。
 ジュビロ磐田はJ2に。常に、表舞台で日本サッカーを牽引してきた静岡のサッカー。清水エスパルスのJ2降格で静岡サッカーの低迷を加速させてはならない。

About the Author:

京都府在住 / 20代 / 趣味:音楽鑑賞とスポーツ観戦、写真撮影 / サッカー歴:幼稚園年中から中学校三年までサッカーを行う。大学に入学し大学サッカーを中心に取材。年間大学サッカー含め、100試合以上は観戦している。

Leave A Comment