テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

女子サッカー界に革命を起こせるか?新生なでしこジャパンFW横山久美&長野パルセイロL

 女子サッカー界に革命を起こせるか?新生なでしこジャパンFW横山久美&長野パルセイロL

 3月のリオディジャネイロ五輪アジア最終予選から約3カ月が経ち、日本の女子サッカー代表=なでしこジャパンが再始動した。

 6月2日と5日にアメリカと敵地で強化試合をこなし、初陣を迎えた高倉麻子新監督率いる新生なでしこジャパンは第1戦を3-3の引き分け、第2戦は2-0とリードを許した75分頃に中止となって、この米国遠征を終えていた。

世界女王相手に数的不利から起死回生の同点弾

 特に第1戦は後半に入って10分程で主将のFW大儀見(永里)優季が退場処分となって以降、数的不利のまま1本もシュートが撃てなかった。しかし、そんな苦しい中でも追加タイムとなる93分も途中出場の22歳のFW横山久美が値千金の同点弾を決めて3-3とするなど、収穫が多かった遠征だった。

攻撃サッカーで人気を博す長野パルセイロ、今季11試合13得点の横山

 その同点弾を決めたFW横山が所属する長野パルセイロ・レディースは2部から昇格1年目のチームながら、ここまでのプレナスなでしこリーグ1部で2位と大健闘を見せている。

 なでしこリーグは第11節を終了して9月初頭までは中断期間に入っているのだが、チームはリーグ2位の総得点24を記録している。その中で横山は1人で13ゴールを挙げているのだ。昨季の得点女王となった日本代表FW菅澤優衣香(ジェフ千葉レディース)が昨季のレギュラーシーズン全体で記録した13得点にすでに並ぶ独走状態だ。

 ただ、横山個人としては、昨季までは2部とはいえ、2年間で46試合出場で65ゴールとトンデモナイ記録を挙げてもいたのだから、自らは「好調だ」とは思わないらしい。

 逆に、今季の長野パルセイロ・レディースはチーム総得点の24と引き換えに、ワースト3位の20失点を喫している。が、その失点を省みない超攻撃型のサッカーで人気を博してもいるのだ。

 新旧なでしこジャパンの選手が多く在籍する強豪・INAC神戸レオネッサをホームに迎えた第8節では、何と6733人もの観客を集め、3-2と打ち合いを制した。下記の表通り、ホームとアウェイで平均観客動員に大きな差があるのも、それだけ地域に根ざしている証拠だ。

 横山の積極果敢なドリブル突破からのシュートを始めとして、「前へ、前へ」向かう痛快な攻撃サッカーが今、日本の女子サッカー界に一石を投じようとしている。

[長野パルセイロ・レディース観客動員と成績]

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment