テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【33】ヴァースライズアレナ/オーステンデ

今回でカバー写真の大山成美さんは任期満了。「え・・・?あたしおしまい?」の吹き出しが似合いそうな写真を最後に残しておいた。

ビールの小瓶を持った写真が妙に多くなっている。これはご本人のキャラの影響も少なくはない。
第23景コペンハーゲンといえばカールズバーグ。1988年からスポンサー契約を結んだUEFA主催欧州選手権とリヴァプールの胸ロゴは今でも記憶に残る。ベニテスの奇跡と感動(2005年)をクロップは、キエフで再現できるであろうか。


◆◆◆◆◆

そして1994年からUEFAチャンピオンズリーグの公式スポンサー、ハイネケン。現在世界でも最も多くの国で飲まれている。第24景で紹介したとおり、ヘンクで販売されているクリスタルも同グループの製品。

第33景はKVオーステンデの本拠地、ヴァースライズアレナ。当日の入場券(立ち見)と列車チケット、マッチデープログラムにジュピラーの瓶、4点セットで撮影・掲載したのがコチラ


◆◆◆◆◆

都市名は「東の端」だが、ベルギー最北端オーステンデは、ブリュッセルから列車で15分。港の帆船には18世紀貿易港として栄えた歴史の名残り。市内中心部を散策、聖堂以外に目をひくモノは特に見当たらないが、街中でも潮の香が微かに漂う。水平線の彼方は英国ブリテン島。

王室御用達のリゾート地はどんなものかと砂浜を西に向かったが、歩き疲れて結局トラムを二区間利用した。


◆◆◆◆◆

これはもう黄金色の液体で喉を潤すしかない。スタジアム内でカップに注いでもらいグビグビ喉を鳴らし、ぷは~と息を吐く。そこで初めてカップの文字がMAESであることに気づく。
言いわけになるが、基本、取材・撮影=お仕事でスタジアムに出入りしているため、毎回ビールを飲んでいるわけではない。ベルギーのスタジアムでビールを飲んだのは過去に・・・数回。・・・たぶん。そのすべてがリーグの冠ジュピラーだった。スタジアムの外を含めてもMAESを飲んだのはこの時が初めてだったので、ファインダーに収めてみた。


◆◆◆◆◆

フットボールファンが勝手にハイネケンこそ世界一と思い込むのも頷ける。但し世界シェアの3位カールズバーグ、2位のハイネケンを圧倒するのは14世紀にブリュッセルの東、ルーヴェンのアルトワ醸造所から発展したインターブリュー。正確な名称はアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)社。


◆◆◆◆◆

かつてインターブリューの二枚看板は日本でも手軽に入手できる小麦=白ビール醸造のヒューガルデンと、現地でやたら広告が目に入る修道院=Abbey ビールの代名詞レフ。

それが2000年、同社は初めてイギリス海峡を越え、ホイットブレッドを買収、更にバスをカールズバーグとの競合の末23億ポンドで傘下に収める事に成功する。

By | 2018-05-14T16:52:32+00:00 5月 3rd, 2018|Categories: Soccerlture League, コラム, 未分類|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment