テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州球蹴場百景【26】タインカッスル・パーク / エディンバラ

成美さんが今回手にしているのはスコティッシュ・エールのレッドマグレガー。醸造所はフェロー諸島に近いメインランドのオークにーブリューワーズ。都内千代田区のユニオンリカーズ株式会社が輸入元。「よくこんなの《失礼》扱うな」と尊敬する。
McGregorといえば昨年11月のオランダ戦でセルティックのカラム・マグレガーがA代表デビュー。代表チームの主軸として出場機会も増えるはず。


◆◆◆◆◆◆

スコティッシュで知名度が高いのはクラフトビールのブリュードッグか。スコットランド北東部のフレザーバラに2007年4月にオープン。クラフトビールブームは留まる所を知らず日本にも上陸。エジンバラで立ち寄った直営バーが2014年には六本木でオープンしていたとは露も知らず。


◆◆◆◆◆◆

イオンのリカーショップでもこの値段で棚に積まれていた。大量生産ビールに比べれば割高感は当然、それでも欧州でも屈指、エジンバラの歴史的な街並みの記憶を呼び覚ますならばけして高くはない。絵画のような写真はやや早めの朝焼け。

◆◆◆◆◆◆

昨年スコットランド訪問時夜更けにエジンバラ空港に到着。その後グラスゴーへとバスで移動、スコットランド代表とイングランド代表の試合を観戦した。
空港発のリムジンバスは24時間可動。市内に着いた際の朝焼け。普段観光客のように風景をファインダーにおさめるのに抵抗を感じるが、これは別格。

今年になってスコットランドの名門セルティックが公式ツイッターとインスタグラムで中村俊輔が2006-07シーズン優勝を決めた「伝説のフリーキック動画を紹介して話題になっているらしい。。


◆◆◆◆◆◆

報道陣配られたスタメン表を眺めながらこの試合は「シュンスケと観たかった」などと身の程をわきまえない衝動に駆られた。
中村俊輔がスコティッシュ・プレミアリーグに参戦した同シーズン、セルティックのライバルと目されたのは同じグラスゴーの強豪レンジャースと首都のハーツ(正式名称はハート・オブ・ミドロシアンFC)。ハーツは2005-06シーズンを2位で終了。
オーナーのリトアニア人富豪ロマノフの資金力で充実した陣容。
しかし2011年選手への給与未払いが発覚2013年に経営破綻で降格する。翌年株式は売却され再建に着手。チャンピオンシップ(2部)で優勝し一年でプレミア復帰。
昨年タインカッスルで4-0の勝利 、国内公式戦で2016年5月以来更新していた無敗記録を69試合で止めている。


◆◆◆◆◆◆

グラスゴー行きのバス車窓から左手にマレーフィールド。収容人数は67,800名。スコットランド最大のスタジアムでもある。タグビーの国際大会で使用され、ハーツも過去に試合を行っているがその名の通り
至極「稀」。

◆◆◆◆◆◆

それにしてもスコットランド代表のスタメン1番上にクレイグ・ゴードンがゴールを守り、二人は挟んで四番目にクリストファ・ベッラが最終ラインを統率する。

By | 2018-04-10T07:42:53+00:00 4月 3rd, 2018|Categories: Soccerlture League, 未分類|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment