テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

日本の女子サッカーは本当に過渡期を迎えているのか?育成年代の成功となでしこリーグの現状

MF22京川 舞 キョウカワ マイ(INAC神戸レオネッサ)

【途中離脱】
MF22京川 舞 キョウカワ マイINAC神戸レオネッサ)理由:怪我のため

 これまでもあった2部リーグ所属選手だけでなく、今回は3部リーグ所属の選手まで選出された。

 その後、3部・バニーズ京都のDF石井咲希は体調不調で代表を辞退したが、FWに2部の愛媛FCレディースから上野真実と大矢歩が選出されたように、高倉監督は水源地から銘柄や実績に関わらず、良質な水を汲み上げた。

 ただ、アルガルベ杯に招集された23選手からは6名の変更があったが、DF有吉佐織(ベレーザ)・北川ひかる、FW菅澤優衣香(共に浦和レッズL)・岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)という4選手がアルガルベ杯期間での練習や試合で負傷した事と、直近で急遽アメリカのノース・カロライナ・カレッジへの移籍が決定したMF川村優理を合わせた5選手の変更は、すでに負傷から復帰した選手もいるとはいえ、代表招集に関しては「想定内」だった。(上記5名以外に落選したのは、2部・ASハリマ・アルビオン所属のMF千葉園子のみ)

注目はU20W杯得点女王の愛媛FW上野真実

 初招集のMF隅田凛(日テレ・ベレーザ)と上野に関しては、昨年の11月から12月にかけてパプア・ニューギニアで開催されていたFIFA-U20W杯で3位入賞を勝ち取ったメンバーで、今回1月以来の代表復帰となったDF市瀬菜々とアルガルベ杯に招集されたDF北川・MF長谷川・FW籾木結花の3選手を合わせて、U20W杯組が急増した事が窺える。
 
 その中でも今回新たに招集されたMF隅田はU20W杯で全6試合にフルタイム出場した守備的MFであり、FW上野は 同大会で5ゴールを挙げて大会得点女王も獲得したFW。世代別の国際大会で大きな結果を残していた2選手の招集はサプライズよりも妥当だと考えられる。
 
 また、隅田と大矢、石井(辞退)、今回久しぶりに代表復帰したMF猶本光(浦和レッズL)はアルガルベ杯と同時進行していたスペインのラ・マンガ国際大会にU23日本代表として参戦していた。同大会にはDF市瀬(怪我で辞退)とFW上野(体調不良で辞退)も当初はエントリーされており、少なくとも年代別代表では高倉監督の招集を受けていた事もあり、実はサプライズでもなかった。
 
 とはいえ、U20W杯で得点女王に輝いたFW上野は豊富な得点パターンを持つ生粋のFW。クラブでそのパートナーを務めるFW大矢とのコンビも見てみたいものだ。

 アルガルベ杯で大活躍した新たなホットライン=横山&長谷川に続くのかは誰か?水源地から汲み上げられた選手達の活躍を楽しみに待ちたい!

By | 2017-04-21T21:51:29+00:00 4月 9th, 2017|Categories: コラム, なでしこジャパンコラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

hirobrown

創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment