テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

モイーズ率いるラ・レアル、マンチェスターから助っ人を獲得?

 低迷するレアル・ソシエダの新指揮官に就任したディビッド・モイーズ氏。チーム建て直しの為に、一月の移籍市場では大きい補強の動きが予想されているが、その際にマンチェスター・ユナイテッドで指導した選手を補強するのではないか、という噂が流れている。

 その噂されている選手は三名。

 一人目は今シーズンはアストン・ヴィラへローン移籍をしているトム・クレバリーである。彼に関しては完全移籍での獲得の可能性もあるとのことだ。アストン・ヴィラへ移籍後も彼への言われなき非難は続いており、英国国内へ留まる気がないとも言われ、更にマンチェスター・ユナイテッドとの契約も残り七ヶ月を残すのみということから多額な移籍金を必要としないという点も獲得に前向きな点であるといわれている。

 二人目は、昨シーズン重用したベルギー代表のアドナン・ヤヌザイであるという。彼に関してはローン移籍になるだろうとのことである。というのも、モイーズの指向する戦術に必要なスピードと突破力を持つアタッカーという人材が居ないため、ファン・ハール指揮下で出番が減っているヤヌザイに白羽の矢が立ったようだ。
 マン・ユナイテッドは一月にも派手に動くことが予想されており、出番が更に減ることが予想される現状を見れば、ローン移籍をするのはヤヌザイにとっても益があるだけに、実現する可能性は高い。

 最後に挙げられているのは、アシュリー・ヤングである。昨シーズンはモイーズ指揮下でクロス・マシーンと化していた彼だが、仮に移籍が実現した場合は、再びそのクロス・マシーン振りをスペインでも見ることが出来るだろう。

 他にも多くの選手の噂があるが、それら選手を持ってラ・レアルを建て直し、マン・ユナイテッドで地に落ちてしまった自身の評価を再び持ち上げることが出来るだろうか?

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment