テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

無冠のモウリーニョとドログバの復帰

 モウリーニョがレアル・マドリードからチェルシーに復帰して1年が経った。監督の交代を頻繁に行ってきたチェルシーは、解任したモウリーニョを再び招聘し、オーナーのアブラモビッチはスペクタルなサッカーを厳命した。しかし、シュールレ、シュウォーツァー、エトーらを獲得したが、復帰1年目は無冠に終わってしまった。

 そして今夏、アシュリー・コールとエトー、ダビド・ルイスを放出。セスク・ファブレガス、ジエゴ・コスタ、ドログバなどのビッグネームを獲得し、昨年以上に良いメンバーが揃った。
 GKはアトレティコ・マドリードで活躍したクルトゥワと長年正GKを務めるチェフがレギュラー争いをすると考えられ、控えGKを含めても十分な戦力である。
 DFは、基本的にイヴァノビッチ、ケーヒル、テリー、そして、コールの代わりにアトレティコ・マドリードから獲得したフェリペ・ルイス、もしくはアスピリクエタがレギュラーになると考えているが、33歳のテリーの代わりとなる選手を早めに取りたいところだ。
 MFは、獲得したセスク、マティッチ、オスカル、アザール、ウィリアンあたりがレギュラー濃厚で、ラミレスやシュールレもいるので戦力は十分だ。
 FWは基本的に1番手と考えられているのは、昨シーズンのアトレティコ・マドリードで得点を量産したジエゴ・コスタだろう。また、オプションとしてドログバ、トーレスといったビッグネームもいる。トーレスはチェルシーに来てからなかなか活躍はできていないが、36歳のドログバは全盛期のパフォーマンスは期待できないが、ワールドカップでは存在感があり、十分怖い存在だった。調子によってはスタメンで出てくるだろう。

 昨年リーグ3位だったチェルシーは、今シーズンの戦力全体を考えてみても十分に優勝を狙えるメンバーであることは間違いなく、移籍市場が閉まるまでは更なる戦力アップすることも考えられる。また、昨シーズン2位のリバプールは重要な戦力であったスアレスを放出し、戦力ダウンは否めず、優勝争いはできないだろう。マンチェスター・ユナイテッドもアーセナルも優勝の期待は薄い中、マンチェスター・シティが唯一チェルシーと優勝争いするクラブだと考えている。

 スペシャルワンと呼ばれるモウリーニョは2年目のチェルシーに何をもたらすのか。

About the Author:

1988年生まれ。
愛知県在住。
幼稚園年長から小学校5年生までは、
クラブチームと部活で6年間サッカーを続ける。
それから少しのブランクがあるものの、大学でサッカーを再開。
2006年ドイツワールドカップでサッカー観戦に目覚め、
現在は毎日サッカーを観戦するほどのサッカー好きに。
趣味は、サッカーと海外旅行、漫画。

Leave A Comment