テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

武藤嘉紀のチェルシーからのオファーがアーセナル稲本、バイエルン宇佐美とは違う理由

武藤嘉紀も関係する?固定メンバーの背景 選手起用は実力主義でなく契約優先

 プレミアリーグで試合数で並ぶ2位・アーセナルに、残り6試合で勝点10ポイントの大きな差をつけてリーグ優勝が目前に迫ったチェルシー。

欧州チャンピオンズリーグではラウンド16でパリ・サン・ジェルマン相手に2試合合計3-3ながら、アウェイゴールの差で敗退。それも第2戦では相手のエースFWズラタン・イブラヒモヴィッチが退場してから延長戦も含めると90分程の数的有利の時間帯があったにも関わらず、勝ちきれませんでした。しかし、すでに獲得している国内のリーグカップとのシーズン2冠が確実となっています。

 前回のコラムでは、強化ポイントを押さえた的確なピンポイント補強により確実にチーム力が積み上がった事や、それによる世代交代にも成功した事を現在の2冠確実な要因に挙げてました。

 この2冠の功労者は間違いなくジョゼ・モウリーニョ監督の手腕によるモノです。しかし、CL早期敗退も監督に大きな責任があるとも言えます。それが前回のコラムでも触れましたが、ここまでのリーグ戦32試合を“超”がつくほど固定メンバーでやってきた事。実に出場時間が1000分を越える選手が11人のみだと書きましたが、この文字通り11人の“ベストメンバー”の蓄積疲労により、10人のパリ・サン・ジェルマン相手にも走り負けたとも言えます。

 下記は今季のチェルシーのリーグ戦に出場した選手の出場記録です。ポジション別に並べました序列が明確になっていると思います。尚、選手名の横の○の中の数字は、出場時間の多い順番です。テリーとイヴァノヴィッチは全試合をフルタイム出場。

チェルシーのリーグ戦出場選手出場記録
選手名 出場試合 先発 出場時間
⑦チュボ・クルトワ 28 28 2454
⑲ぺトル・ツェフ 5 4 426
⑥ガリー・ケイヒル 30 28 2480
①ジョン・テリー 32 32 2880
⑮クルト・ズーマ 11 6 597
①イヴァノヴィッチ 32 32 2880
⑧セサル・アスピリクエタ 25 25 2124
⑬フェリペ・ルイス 12 7 758
④ネマニャ・マティッチ 30 30 2643
⑤セスク・ファブレガス 29 28 2501
⑫ラミーレス 21 9 922
⑯ジョン・オビ・ミケル 14 4 483
⑨オスカル 27 25 1992
⑩ウィリアン 31 23 1979
③エデン・アザール 32 32 2841
⑱アンドレ・シュールレ※1 14 5 433
㉑モハメド・サラー※2 3 0 30
⑳ファン・クアドラード 6 2 187
㉒ロフタス・チーク 1 0 2
⑪ジエゴ・コスタ 24 23 1960
⑰ロイク・レミー 18 6 459
⑭ディディエ・ドログバ 24 5 601

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment