マリオ・バロテッリはリヴァープールでは構想外が明らかになっていたが、
ここのところ噂になっていた古巣ACミランへの復帰が現実のものになった。

昨シーズン、プレミアリーグで1得点、
カップ戦なども含めると、28試合で4得点しか取れなかった。

一方、いきなり初戦で、攻撃の確かなオプションがないことが判明したミラン。
イブラヒモビッチ復帰の噂も立ち消えとなってしまった。

こうした中での両クラブの合意は、それなりに理にかなったものである。

しかし現地では賛否両論で、彼の数々の「お騒がせ」の歴史、
それに対する報酬とのバランスなど話題は尽きない。

ところが、マリオとの契約が正式発表される少し前に、
ガゼッタ・デル・スポルト紙(英語・電子版)で興味深い記事がトップを飾った。

それはミランがマリオに金銭面や契約期間とは別に、「特別なガイドライン」という名目で、
次のような条項を提示し、盛り込まれたという。