テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マリオの不思議な契約条件 ペナルティの可視化をモチベーションへ

マリオ・バロテッリはリヴァープールでは構想外が明らかになっていたが、
ここのところ噂になっていた古巣ACミランへの復帰が現実のものになった。

昨シーズン、プレミアリーグで1得点、
カップ戦なども含めると、28試合で4得点しか取れなかった。

一方、いきなり初戦で、攻撃の確かなオプションがないことが判明したミラン。
イブラヒモビッチ復帰の噂も立ち消えとなってしまった。

こうした中での両クラブの合意は、それなりに理にかなったものである。

しかし現地では賛否両論で、彼の数々の「お騒がせ」の歴史、
それに対する報酬とのバランスなど話題は尽きない。

ところが、マリオとの契約が正式発表される少し前に、
ガゼッタ・デル・スポルト紙(英語・電子版)で興味深い記事がトップを飾った。

それはミランがマリオに金銭面や契約期間とは別に、「特別なガイドライン」という名目で、
次のような条項を提示し、盛り込まれたという。

By | 2017-04-21T21:51:48+00:00 9月 8th, 2015|Categories: コラム, セリエAコラム, 移籍情報|Tags: , |0 Comments

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment