テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マンチェスター・ユナイテッド、今冬にポグバ獲得へ向う?

 マンチェスター・ユナイテッドは、ユヴェントスのフランス代表MF、ポール・ボグバの獲得にやはり動くようだ。

 だが、獲得は冬ではなく、夏の市場でということになりそうではあるが。

 彼の獲得には7700万ポンド(日本円で約142億円)という高額がかかるが、選手交換などは考えていないようだ。他に、ポグバ獲りにはマンチェスター・シティやチェルシー、アーセナルといったプレミアのライヴァルも動いている模様で、移籍金に関しては更に高騰するかもしれない。

 ただ、ポグバの例を見ても分かるのだが、かつては出場機会を与えられず、フリートランスファーで放出された若手選手が他のチームで出場機会と目を掛けてくれる監督にめぐり合い、大きく成長するというのはよくあることだし素晴らしいことだ。

 一方、その才能や伸び代を見抜けなかったマンチェスター・ユナイテッドのフロントは、歯軋りをしていることだろう。みすみす、金の卵を放出してしまい、こうして大金をはたいて再び獲得しようとしているのだから。

 話を元に戻そう。マン・ユナイテッドは更にガラタサライのオランダ代表MF、ウェズレイ・スナイデルの獲得をまだ諦めていないようで、ユヴェントスとしのぎを削っているとのことだ。

 ユヴェントスは、中盤の再構成が必要とあっており、マン・ユナイテッドは来シーズンのCL出場権獲得の為の後半戦へ向けての準備として、彼の持つ力を欲している。こちらの行方も、非常に気になるところだ。

 今まで補強を怠っていた反動で一気に大金を動かしているマン・ユナイテッドだが、CL出場権を得るまではこの動きは収まりそうに無さそうだ。

By | 2017-04-21T21:52:15+00:00 1月 18th, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment