テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

今冬にベイル!?マンチェスター・ユナイテッド、超高額オファーを準備中か?

 ベイルが苦境に立たされているようだ。昨シーズン、鳴り物入りでレアル・マドリーに移籍したウェールズの若きエースであるが、今シーズンは怪我もあるが、イスコが予想以上の成長を見せており、カルロ・アンチェロッティ監督の新布陣で結果を出し、居場所を失いつつあるというのだ。

 そこに目をつけたのが、ファン・ハールの指揮の下で大型補強を敢行している赤き悪魔、マンチェスター・ユナイテッドだというのである。

 1月の移籍市場での獲得に向けて、移籍金900万ポンド(日本円にして約157億円)、週給30万ポンドを準備してのオファーを用意しているようだ。

 また、マドリー側は代替策としてベイルと今夏にユナイテッドに移籍したばかりのディ・マリアの交換トレードも考えているという噂もまことしやかに流れており、以前ならば鼻で笑ってしまうような話もまんざら嘘ではないような真実味を帯びてくる。

 実際問題として、現在のマドリーの布陣はハメス・ロドリゲスとイスコをサイドに配した4−4−2であり、これがしっかり噛み合っている。

 特にマドリーにはカンテラから上がってきた新進気鋭のヘセも居り、ベイルに関しては高額がつくようなら放出しても困りはしない状況なのである。
 
 いまさらサイドバックをやらせることもないだろうし、この話に関しては両者共に旨味があるだけに、ユナイテッドの本気度がどこまでなのかを知るという意味でも、面白いオファーになりそうだ。

 果たして噂のままに終わるのか、はたまた現実にオファーとして実現するのか、一月が今から待ち遠しい。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment