テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マンチェスター・シティ、レバークーゼンの若き才能に注目中

 アーセナルとマンチェスター・シティは、現在、バイヤー・レバークーゼンのU−19チームに所属しているクロアチアU−19代表FWマルク・ブラスニッチの獲得に興味を示しているようだ。

 ブラスニッチはクロアチアとドイツの国籍を持つ18歳のセンターフォワードで、ブンデスリーガユースリーグ西地区では9試合で11ゴール1アシスト、UEFAユースリーグでも4試合に出場し、5ゴール1アシストと素晴らしい成績を上げている。

 これは、レバークーゼンU−19の挙げた得点中、彼はそのほぼ全てに関わっているのである。

 このように素晴らしい成績をたたき出している彼だが、レバークーゼンとの契約は2015年6月までであり、1月中に彼を獲得したいならば約150万ポンドほどで、夏ならば移籍金無しのフリー・トランスファーで獲得できるのである。

 レバークーゼンもその点は承知済みのようで、契約の延長を打診しているようだ。

 現在、トップチームではキースリングがストライカーとして君臨しているものの、今年で30歳となり、その後継者育成に腐心しているものの、今のところその試みは失敗しているだけに、彼は是が非でも残したいところだろうが、プレミア勢による札束攻勢には分が悪いのも実情である。

 しかしながら、プレミアの若手移籍には買い取り後すぐにレンタルされ、モノにならずに放出される例もまた多く、当たりの激しいプレイで怪我を負い、その成長に大きな影を落とすパターンも散見されるだけに、個人的にはそのままレバークーゼンに残留するのが妥当ではないかと思うのだが。

 なかなかの大器候補だけに、今後の動向に気を配りたいところである。

By | 2017-04-21T21:52:27+00:00 11月 25th, 2014|Categories: 移籍情報|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment