テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

チャンピオンズリーググループリーグ第2節 マンチェスター・シティ-ASローマ トッティの技あり弾で貴重なドロー 

 マンチェスターシティにとっては痛い引き分けとなった。ほとほと、チャンピオンズリーグには縁がないのだろうか?
今回も試合を優位に進めながら、一瞬の隙を突いたローマ、トッティの一撃で勝ち点2が手からすり抜けていったことからも、それは感じられるのではないか。

 しかも、ホームにも関わらず、時間が進むにつれてローマに主導権を奪われつつあるなどというのは言語道断である。

 試合前、監督も選手もミな口をそろえて言っていたのは、こうだった。『ミスをする余裕はない』と。しかし、ミスを犯し、それが得点に直結してしまった。
 しかも、ローマはレギュラーのセンターバック二枚に加えキーパーも離脱しており、デ・ロッシもストロートマンもいなかった。シティはここで勝ち点3を取らねばならなかった。にも関わらず、勝ち点1で終わったことは、今後のマンチェスターシティにとって非常に苦しい展開になることを意味する。

 ヤヤ・トゥーレの調子が上がらず、ランパードが獅子奮迅の活躍をしている現状では、これが精一杯なのだろうか?

 この試合ではハートをスタメンに復帰させたものの、不安定な出来であった。かといって、他に替えがいるわけでもなく、苦しい戦いとなってしまっている。シティはこのまま沈んでしまうのだろうか?ここからの巻き返しに期待したい。

 逆にローマは主力を怪我で欠いており、明らかに引き分けで良い形で試合に臨んでいた。得点にしても最序盤のPKによるものであり、崩されて奪われた得点ではない。

 特に特筆すべきはトッティだろう。38歳という年齢にも関わらず、長距離を走っての鮮やかなループを決めるなど、老いて尚成長し続けるこの選手はすさまじいの一言だ。

 昨年のアトレティコのように、旋風を巻き起こす可能性を充分に秘めているだけに、次節のスタディオ・オリンピコでのバイエルンとの対戦が今から楽しみだ。共に怪我人も多いものの、熱い試合になるのは間違いないだろう。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment