テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マンチェスター・シティ、スォンジーからボニー獲得。増えすぎた前線をどう組み立てるのか?

 マンチェスター・シティはスォンジー・シティ所属のコートジボワール代表FW、ウィルフリード・ボニーを獲得することで合意したようだ。

 移籍金額は推定で2500万ポンドから3000万ポンド(約51億円から54億円)と言われており、正確な値は判明しないものの、取引はほぼ完了したのだけは確かなようだ。

 だが、現在ボニーはアフリカ・ネイションズカップに出場するコートジボワール代表に召集を受けている為、チームに加入するのは代表の日程が終わる2月頭までお預けとなりそうだ。

 フィテッセ時代から順調に成長を続け、スォンジーでは前線でタメを作り、自身も得点をするなど完全に攻撃の核として機能していただけに、マンチェスター・シティでもワントップでの起用が多くなるだろうと思われる。

 しかし、彼の加入でただでさえ飽和気味だった前線の人数は更に増える為、今冬の移籍市場で誰が押し出されるのか、そちらに焦点が当てられつつある。

 セルヒオ・アグエロは怪我がちとはいえ、出れば確実に結果を残す選手である為、前線のカードとして不動の位置を占めるだけに、エディン・ジェコが放出されるということになりそうだ。

 昨シーズンはシティ戦でヘッドとミドルの二発に加えてロングボールを収めているだけに、味方にすれば心強いと考えたのだろう。

 むしろリバプールにこそ必要な人材ではあるのだが、資金面で断念したのだろう。

 後の問題はFFPに抵触しないことを祈るだけだろう。

 シティはボニーを使いこなし、チェルシーから首位の座を奪取することができるのか?

 非常に楽しみな移籍が成立しそうだ。

About the Author:

年齢:30代
出身地:埼玉県
サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ
趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment