テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

リバプール、マンチェスター・シティのミルナー獲りへ

 マンチェスター・シティ所属のイングランド代表MFであるジェームズ・ミルナーの獲得にリヴァプールが興味を示しているようだ。

 実はミルナーのシティとの契約は今シーズン終了までで、シティ側は契約の延長を求めているものの、ミルナー側は新契約の締結に急ぐ姿勢を見せていないところから、リバプールがちょっかいを掛けているというのが実情のようだ。

 シティでは唯一と言っていい運動量のある選手として目立っているミルナーであるが、ヘンダーソンとララーナという同じようなタイプが居るにも関わらず、ミルナーまで獲得しようというのには正直意図が不明なのが気になる。

 来シーズンは現状ではヨーロッパカップ戦への出場は絶望的であるにも関わらず、層をこれ以上厚くしてどうしようというのだろうか?

 むしろ、今リバプールに必要なのはスアレスの穴を埋める絶対的なストライカーの獲得と、ジェラードに代わるセントラルの選手であろう。

 特に運動量のある選手は多いものの、それを使う側の選手が居ないのが痛すぎる。

 ジェラードがその役割を担っていたものの、彼が抜けることが既に決まっている現状では、パスを出して使う側の選手の獲得は急務であろう。

 今シーズンの補強がどれも不発に終わっている現状を見ても、レッズのスカウティング能力が年々下がっている気がしてならない。

 また、ブレンダン・ロジャースも修正能力が高くないのが今シーズンで露呈し、先行きに非常に不安である。

 ミルナーに関しては、考え直したほうがいいのではないだろうか?

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

2 Comments

  1. 匿名 2015年1月23日 at 10:48 AM - Reply

    一昨日のララーナの記事もそうでしたが、今回も非常に不可解な記事ですね。
    ※ララーナは既に復帰し、先週末のヴィラ戦でベンチ入りし、この記事がアップされた日のチェルシー戦では途中出場しています。

    1.ミルナー、ヘンド、ララーナは異なるタイプの選手だと思います。特にララーナの特徴は他の2人と大きく異なるかと。。。

    2.22節まで終了時点で、4位ユナイテッドまで勝点差5、5位アーセナルまで勝点差4。ELもあり、キャピタルワンカップ、FAカップも勝ち上がっている状況。”ヨーロッパカップ戦への出場は絶望的”というのはちょっと。。。

    3.スアレスの穴を埋める絶対的なストライカーの獲得についても、スターリングが3-4-2-1のトップで結果を出し始め、スタリッジが復帰間近な現状で果たして優先順位は高いのか。。。
    使える使えないは別として、ランバート、バロテッリ、ボリーニもおり飽和状態です。
    来夏ということであれば話は別ですが、その判断をするにはまだ早いかと。。。

    他にも突っ込み所が満載ですが、この辺にしておきます。

    要するに、こういう媒体に記事を書くのであれば、もう少ししっかり情報を集め、試合を見た上で書いた方が賢明かと思います。

    失礼しました。

  2. Soccerlture 編集部
    Soccerlture 編集部 2015年1月23日 at 2:49 PM - Reply

    Soccerlture.comにご来訪いただき、ありがとうございます。
    Soccerlture編集部です。

    ご指摘いただいた点について、返信をさせていただきます。

    1.について

    選手のプレイスタイルの類似性の有無というのは、観る人間によってそれぞれのものだと考えております。ライターの方々がどう感じたのかを編集部としては尊重し、そのうえで、『匿名』様のようなサッカーギークの方との議論が盛り上がっていただく事を期待しております。

    2.について

    このご指摘は、編集部の編集方法に非がございます。
    『記事を毎日更新する』という編集方針の下、記事の公開作業を行っているのですが、どうしてもストックしてある記事の量にばらつきが生じてしまっております。結果として、記事の鮮度が著しく落ちてしまうことがままあるのが現状です。

    <対策>
    今後は、ライターの方から寄稿されたのち、可能な限り早いタイミングでの更新を行います。

    3.について

    このようなご指摘は、当サイトを盛り上げるうえで、必須のものだと考えております。ライターの考えるチームの補強策と、読者の方々の考えるチームの補強策を戦わせる企画などを検討いたします。

    *まとめ

    この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。
    こういったユーザー様との対話を通じ、少しづつSoccerltureが良いものになっていくと考えておりますので、本当にこういった指摘はありがたいです。
    これからも、どんどんこういったご指摘をいただければ幸いです。

    また、それらとは別に、ぜひ『匿名』様のような方にはライターとして記事を寄稿していただければと思います。

    よろしければ、お問い合わせよりご連絡いただければと思います。

Leave A Comment