テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

リバプール、青い壁を崩しきれず、苦い引き分け。 キャピタル・ワン・カップ準決勝 リバプール−チェルシー

 ホーム&アウェイで行われるキャピタル・ワン・カップ準決勝、注目カードとなっていたのはリバプールとチェルシーの対戦であった。

 その初戦はリバプールの本拠地、アンフィールドにて行われた。調子の上がらないレッズは、ここでブルーズを叩き、浮上の足がかりとしたいところであった。

 しかし、試合はブルーズの先制で動くこととなった。

 PA内でエムレ・チャンがアザールを倒してPKを与えてしまい、PKを得たアザールがしっかり沈めたのである。

 前半はチェルシーがリバプールを抑えてリードしたまま終了となり、試合はこのままで終わるかと思われた。

 が、レッズは今までの不調が嘘であったかのような素晴らしい攻勢を後半に見せる。

 特にスターリングのドリブルのキレが凄まじかった。同点弾は、彼のドリブルからの左足シュートによるものであった。これで流れが一気にレッズに傾き、ジェラードやララーナが相次いでゴールを狙うが、片やポストに嫌われ、もう一方はクルトワの攻守に阻まれ、得点はならず。

 終盤のレッズの猛攻もブルーズの守備の前に後一歩が及ばず、1−1のドロー決着となった。

 レッズは今シーズン最高の出来であったといえるだろう。

 特に後半はブルーズを相手にしながら試合を完全にコントロールしていただけに、勝てなかったのは痛い。

 だが、これでチームに自信を植え付けられれば、第二戦での逆転も夢ではないだろう。

 一方、ブルーズはラミレスの不調が痛い。

 その為、セスクをトップ下で使わざるを得ず、ボランチがミケルとマティッチのコンビを組まざるを得なくなっている。このコンビではゲームメイクが出来ず、特にドリブラーに対しての対応が悪すぎて守備が覚束なくなってしまっている。マティッチも不調になり、チーム状態も下降気味になりつつある現状、彼に頼らない戦術も必要なのではないだろうか?

 両者ともに痛み分けとなった第一戦だが、第二戦ではどのような展開が待っているのだろうか?

 非常に楽しみな一戦となりそうだ。

By | 2017-04-21T21:52:12+00:00 1月 28th, 2015|Categories: プレミアリーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代
出身地:埼玉県
サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ
趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment