テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

リバプール、元ギリシャ代表DFをターゲットに?

 現在、シャルケからレーバークーゼンにローン移籍をしているギリシャ代表DF、キリヤコス・パパドプーロスをリバプールが狙っているようだ。

 膝の大怪我からカムバックしたものの、当時のケラー体制下では出番が無く、出場機会を求めてシーズン開幕直前にレーバークーゼンへの一年のローン移籍を敢行した同選手は、バックアッパーとしてチームを支え、公式戦16試合に出場、3ゴール1アシストを決めている。

 いずれのゴールもチームが苦境の際に決めた非常に価値の高いゴールであり、チームとして欠かせない戦力になりつつはあるものの、センターバックのレギュラーであるトルコ代表のオメル・トプラクとボスニア・ヘルツェゴビナ代表のエミル・スパヒッチの牙城を崩すまでには至っていないのが現状である。

 一方、リバプールはサウサンプトンから獲得したデヤン・ロブレンが期待外れの成績に終わっており、高齢化の為にコロ・トゥーレも戦力外になりつつある。

 リバプールの現状を見ると、本来はセントラルMFであるドイツU21代表のエムレ・チャンを最終ラインで使わざるを得ない状況となっており、手ごろなセンターバックの獲得が急務だ。

 パパドプーロスは若く、シャルケとの契約も2016年までであり、契約金も500万ポンド(約9億円)と手ごろな移籍金になりそうなこと、レーバークーゼンへのローン契約には買い取りオプションも無いことから今夏の補強のターゲットとしているようだ。

 パパドプーロス自身もドイツ以外でのプレイの希望を持っていることから、移籍はあっさりと決まる可能性がある。

 ドイツで急成長したギリシャの俊英は、来季をどこで過ごすのだろうか?

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment