テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

カンテだけでなくスカウト部長まで引き抜かれた王者・レスター〜ミラクル・レスターを作り上げたウォルシュ氏の功績

 
 昨季のイングランド・プレミアリーグを制したレスター・シティ。しかし、インターセプト数(ボール奪取数)とタックル数でリーグ最多スタッツを記録したエンゴロ・カンテは、この夏の移籍市場でチェルシーに約41億円で引き抜かれた。

 その後、昨季リーグ2位の24得点を挙げたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーはアーセナルを始めとするビッグクラブからのオファーを拒否して残留。本稿執筆時点では選手協会選出のMVPを受賞したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズもレスターに残留している。

 しかし、彼等を引き抜いた名スカウト部長=スティーブ・ウォルシュ氏が、シーズン終了後に契約延長にサインしながらも、同じプレミアリーグのエヴァートンへ“移籍”。違約金として1億5000万円ほどがレスターに支払われるとはいえ、実は今年の1月と2月にも、レスターのチーフ級のスカウトや強化スタッフがトッテナム・ホットスパーとアーセナルという北ロンドンに本拠を置く2つのプレミアリーグのクラブに引き抜かれていたため、これは間もなく開幕するプレミアリーグを王者として迎えるレスターにとっては、カンテの放出より痛いかもしれない。

体育教師として指導者を志し、16年間勤務したチェルシーでスカウトとして成功

 現在61歳のウォルシュは、20代に体育教師として勤めながらサッカーの指導者を志してライセンスを取得。しかし、大成を収めたのは1990年から16年間を過ごしたチェルシーでのスカウト時代だった。

 当時のプレミアリーグには外国籍選手がリーグ全体で合計20人ほどしかいなかった時代。イタリア代表では「至宝」ロベルト・バッジョの影で地味な印象だったFWジャンフランコ・ゾラや、ノルウェーという未開拓の土地からFWトーレ・アンドレ・フローという未完の大器の獲得を進言。168cmのゾラは誰もが知るレジェンドとなったのはもちろん、193cmのフローも加入初年度に15得点を記録。チェルシーで2トップを組み、『凸凹コンビ』と呼ばれたこの2人のFWの活躍を筆頭に、ウォルシュはスカウトとしての株を大きく上げた。

 その後、2004年にジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシーの監督に初めて就任すると、フランス担当のスカウトとしてコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ選手、ガーナ代表MFマイケル・エッシェン選手のチェルシー加入に尽力。

 レスターにフランスでプレーしていたマフレズやカンテを加入させれたのは、スカウトとしての腕はもちろん、この頃にフランスで人脈と選手獲得のルートを構築出来たからだろう。

>運命的な出会い~ピアソンとの二人三脚

 ただ、16年勤務したチェルシーでのウォルシュの役職は、1人のスカウトの域に過ぎなかった。補強の意志決定の責任者ではなく、優秀な選手をスカウトし、交渉の席を用意するまでが仕事だったのだ。

 2006年、そんなウォルシュをスカウト部長として招いたのはニューカッスル・ユナイテッドで。ここでウォルシュにとっての運命的な出会いがあった。当時、ニューカッスルで第2監督を務めていたナイジェル・ピアソン氏だ。

 2008年に当時の3部リーグに在籍していたレスターの監督に就任したピアソンは、ウォルシュをスカウト部長として引き連れ、初年度に3部リーグで優勝。2年目にも2部・5位でプレミアリーグ昇格プレーオフに進出。この功績を買われた2人はプレミアリーグから降格したハル・シティにも引き抜かれた。

 ハルで失敗した2人だったが、背水の陣で迎えた2011年11月、1度は離れたレスターに約1年半ぶりに復帰。ただ、ウォルシュにはスカウト部長としてだけでなく、「第2監督」を兼任する形での就任に至った。

第2監督兼任で改めて考えた「優秀な選手」と「チームに合う選手」~下部リーグに埋もれた才能を発掘

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment