テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

チェルシーのレジェンド、フランク・ランパードが・・・

 昨季のチェルシーでのプレイを最後に、10年以上所属していたチェルシーを離れ、MLSのニューヨーク・シティに移籍が決定していたランパード。しかし、その彼がプレミアにまた戻ってくるようである。
 
 ランパードが新しく所属するニューヨーク・シティは、マンチェスター・シティとMLBのニューヨーク・ヤンキースが所有するクラブで今夏からMLSに新規参入するクラブである。そのつながりでプレミアのマンCでプレイが決まったようである。期間は半年のレンタル移籍とのことで6日にはチームと練習を開始する。

 マンCは昨季のプレミアでリーグ優勝を成し遂げた。新シーズンでも連覇、またCLでの躍進も期待されている。そのチームにとって、ランパードという経験豊富な選手の存在は大きなものとなるに違いない。彼ほど紳士で、多くの人々に愛される選手はそういない。プレイだけでなく、精神面でもチームに大きな影響力をもたらす選手である。

 チェルシーサポーターにとってはこの事態は非常に頭が痛い。多くの人は彼の退団を惜しみつつも、今までの活躍に感謝し、MLSでの新しい挑戦を応援していた。その彼がいきなり新シーズンでライバルチームであるマンCにやってくるのである。まさに青天の霹靂だ。

 マンCは9月21日にホームでチェルシーを迎える。この試合に彼が起用されるかわからない。だが仮に、敵チームのユニフォームを身にまとい、ピッチに立つランパードの姿があったとしても、チェルシーサポーターはブーイングを浴びせるようなことはないと思う。それほどまでに彼は愛され、尊敬されていた選手なのだから。彼の今後の活躍に目が離せない。

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment