テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ハノーファーの躍進に欠かせぬ駒になる為に。酒井宏樹、清武に求められるもの。

 清武がハノーファーで苦しんでいる。中盤の攻撃の軸であったフスティが移籍したことで、ビッテンコート、ホゼルと共に新生ハノーファーの攻撃陣の中核の一人として獲得されたにも関わらず、ここまでわずか一得点と波に乗れていない。

 求められているのはニュルンベルグ時代とさほど変わらないにも関わらず、今まで活躍できていなかったのは、単に連携がうまくいっていなかったのだろうか?

 個人的には、遠慮をしていたように見受けられただけに、このゴールで自分をもっと出せれば良いと思う。

 実力は認められているのだから、自己主張をもっとしていかなければ埋もれてしまうだけだ。性格的に人見知りするという悪癖はあるものの、精神的に成長しない限り、成功はおぼつかないのだから。

 そして、酒井宏樹は怪我など以外では右サイドバックの定位置を確保し、順調に成長している。

 しかし、まだ判断の遅さや一対一での守備に不安がある。ビッテンコートを筆頭にドリブルを得意とする選手が多いだけに、彼には今一層の守備面の向上が求められるだろう。

 現時点ではまだ内田のほうに軍配が上がるだけに、今以上の奮起が求められる。
 
 また、ブンデスリーガにはウィンガーに素晴らしい人材も多く、彼らとの真剣勝負で伸びる可能性は大いにある。目下のところ、彼に求められるのは攻撃力の精度の向上と守備面のブラッシュアップであるが、攻撃力に関しては非常に伸びてきている印象があるだけに、守備面での更なる向上と発展を望みたいところである。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment