テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

鹿島アントラーズ2-3ガンバ大阪 今季Jリーグベストゲーム!!

ボール際での粘り強さ、決定力に長けたアタッカーの存在が試合を決めた6連勝でガンバが2位にまで浮上☆

鹿島アントラーズ2-3ガンバ大阪
得点者
【鹿島アントラーズ】赤崎(5分)、土居(65分)
【ガンバ大阪】オウンゴール(29分)、パトリック(71分)、リンス(93分)

【スターティング】

29.パトリック 39.宇佐美貴史 19.大森晃太郎 13.阿部浩之
15.今野泰幸 7.遠藤保仁(CAP) 22.オ・ジェソク 14.米倉恒貴
8.岩下敬輔 5.丹羽大輝 1.東口順昭

【選手交代】
67分、MF19.大森晃太郎 → MF11.倉田秋
73分、MF13.阿部浩之 → FW9.リンス
92分、FW39.宇佐美貴史 → FW20.佐藤晃大

By | 2017-04-21T21:52:36+00:00 10月 9th, 2014|Categories: J1リーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment