昨季の明治安田生命J2リーグで11位に終わり、7年連続のJ1昇格は叶わず。新シーズンでJ1からの降格後、J2では8年目を迎える事になったジェフユナイテッド市原・千葉。

 J2・11位という成績はJリーグ創設後最低順位。さらにJ2降格後初めて二桁順位となり、得失点差も初めてマイナスに終わった最低のシーズンだった。

 そんな千葉が来季からの新監督として、ファン・エスナイデル氏が就任。2011年のドワイト・ローデヴェーへス監督以来、クラブにとっては6年ぶりの外国籍監督の招聘となった。

過度のチーム刷新、J発足後最低の成績だった2016年

 2016年シーズンに挑むに辺り、クラブは2011年にヴィッセル神戸で29歳にしてチーム統括本部長に就任した高橋悠太氏をゼネラル・マネージャーとして招き、すっかりJ2が定位置となってしまった名門クラブの再建に着手。

 ただ、現役を引退した元日本代表FW鈴木隆行氏や、元日本代表FW森本貴幸選手(現・川崎フロンターレ)、FWネイツ・ペチュニク(現・大宮アルディージャ)などチームの看板だった主力選手を含む24選手が一気に退団。反対に柏レイソルから日本代表経験のあるDF近藤直也、川崎からは松本山雅FCでエースとしてJ1昇格の経験のあるFW船山貴之、外国籍助っ人としては目玉補強となる現役パラグアイ代表MFアランダなど、全19選手を獲得。

 川崎やロンドン五輪代表監督として大きな実績を挙げた関塚隆監督は就任3年目となるシーズンで留任していたものの、新設されたような急造チームとしてシーズンをスタートさせた。

 しかし、全くチームとしての体をなしておらず、第25節終了後に成績不振で関塚監督を解任。コーチの長谷部茂利氏が新監督に就任したものの、全く昇格争いにも絡めずにシーズンを終えた。

 高橋GMは昨季の大幅な選手の入れ替えは「人件費を抑えるために断行した」と説明していたため、2016年は「熟成期間」として考慮すべきだが、このタイミングで久しぶりの外国籍監督を招聘したのは意外だった。

リーガ屈指のエレガントな実力派FWだったエスナイデル

 では、現在43歳でアルゼンチン出身の新監督=エスナイデルとはいったい何者なのか?

 すでに各方面で報道されているように、現役時代のエスナイデルはレアル・マドリーやユヴェントスといった欧州屈指のビッグクラブでプレーして来たアルゼンチン代表歴もある実力派FWだった。

 しかし、レアル・マドリーやユヴェントスで「活躍」していたのではなく、あくまで「プレーしていた」に過ぎない選手で、アルゼンチン代表キャップも3試合。

 とはいえ、レアル・マドリーから出場機会を求めて移籍したレアル・サラゴサではエースFWとして欧州各国カップ戦の覇者が集うカップ・ウィーナーズ・カップ(現在はUEFAヨーロッパリーグに吸収)で優勝して国際タイトル獲得に貢献。他にもアトレティコ・マドリーやエスパニョールなどスペインの中堅以上の名門クラブでエース格として実績を残して来た実力者だった。

 それでも2度に渡って在籍したレアル・マドリーや、1999年1月に移籍したユヴェントスでは全く活躍できず。特にユヴェントス加入時は通称「デル・ピッポ」と言われたイタリア代表の2トップであるアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギ(現・ヴェネツィア監督/イタリア3部)が共に怪我で長期離脱したためにユヴェントスが救世主的に獲得したFWで、エスナイデルは主に「インザーギの代役」と見なされたものの、在籍約2年間でリーグ無得点に終わった。ちなみに「デル・ピエロの代役」として獲得されたのが、あのティエリー・アンリ氏(現・ベルギー代表コーチ)。名将マルチェロ・リッピ監督(現・中国代表監督)がシーズン中に退任する事態にまで発展したチームで、エスナイデルもアンリ氏も全く活躍できずに終わった。

 実績としては実力者の経歴ながら、ビッグクラブでは全く活躍できていないために、スペイン以外ではほぼ無名のFWだったのだ。 

スペイン1部で2年族二桁得点のFWラリベイが攻撃の起点としても機能できるか?