テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

代表監督は自国民で長いほうがいいということか

3月27日いよいよ新生ハリル・ジャパンがスタートする。
ザックがブラジルで躓き惨敗した後、日本代表は混乱に巻き込まれ、
サッカーになかなか集中することができなかった状態が続いた。

幸い今月開幕したJリーグの方は、なかなかの観客動員を記録し、新しいシーズン制のもと順調にスタートした。
私も実際にスタジアムに足を運んでみたが、
いつも以上に女性と子供、しかも母娘で来られている方が多くいらっしゃた。
しかもゴール裏にたくさん。
だいぶ時代が変わったものだ。もちろん素晴らしい傾向だと思う。ぜひこうした人達にも続けてきてもらいたいものだ。

ところでハリルジャパンの初陣とは関係ないが、
UEFAは3月25日にオフィシャルサイトで、ある特集記事を掲載した。
タイトルは「欧州代表監督の在任期間ランキング」
来年開催されるUEFA EURO 2016でデンマークのオルセン監督が退任の意向を発表した。じつに在任期間16年。
そこでUEFAに所属する(あるいはしていた)各国の代表監督のなかで現役、退役にかかわらず代表監督在任期間ベスト10(実際には同じ年数が複数いるため11人)が短く紹介されている。

最も長ったのはイタリア監督ビットリオ・ポッツォ(イタリア、1929-48年)。
第二次世界大戦を挟む時代に実に19年にわたってアズーリを率いた事実上のイタリア初代監督です。
2度の34年、38年のワールドカップで優勝し、且つ36年には五輪でも優勝していることから、現在でも両大会で優勝したことのある唯一の監督である。

By | 2017-04-21T21:52:02+00:00 3月 27th, 2015|Categories: コラム, 日本代表コラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

しゅうたろう

住所:東京都 
年齢:40代 
趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。
サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。
国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment