テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

日本代表vsブラジル代表 〜結果は惨敗

日本代表0ー4ブラジル代表
ATナショナル・スタジアム(シンガポール)
得点者【ブラジル代表】ネイマール(18、48、77、81分)

結果は惨敗。若手主体の起用法が批判の的になっているが、主力だったらどうだったのか?
過去2戦と比較しても変わりない結果が証明しているのは日本の主力と控え、もしくは海外組と国内組の差が大きいのか?小さいのか?をもっと具体的に、詳細に解析する事が必要!!

【スターティング】

9.岡崎慎司 8.田中順也 19.小林悠 17.森岡亮太
7.柴崎岳 22.田口泰士 21.太田宏介 3.酒井高徳
6.森重真人 16.塩谷司 1.川島永嗣

初勝利と確かな試合内容で主軸を固めつつ、ブラジル相手に本番で使えるオプションを試す

 注目を浴びたハビエル・アギーレ新監督就任後初の日本代表戦となった先月のウルグアイとベネズエラという南米勢の対決を1分1敗と未勝利。初戦のウルグアイ戦は結果以上に内容的完敗。ブラジルW杯惨敗と新監督就任を経て始まった新たな日本代表としての初陣であり、まだまだ時間が足りない事を差し引いても、釈然としない中途半端な戦いぶりでした。

 ただし、そのウルグアイ戦ではDF坂井達弥、FW皆川佑介というそれぞれ日本代表選出時にはJリーグで4試合(先発4)と7試合(先発1)に出場したのみであった2人を先発に抜擢し、後半にも代表デビューとなったFW武藤、MF森岡亮太が好プレーを見せ、中盤の底にはDFの森重が起用されて無難にこなすなど、“アギーレ色”も出ており、積み上げが期待されました。直後のベネズエラ戦ではこれまた代表初招集のMF柴崎が先発デビュー。前半は振るわなかったものの、後半に岡崎と武藤を投入すると、ブラジルW杯後の”新戦力”にして”新主力候補”と言える柴崎と武藤がゴールを記録するなどブラジルW杯予選で前述のウルグアイと最後まで出場権を賭けて追い込んだ実力国相手に今後へ向けた収穫を多く残しての2-2のドローとして9月の日本代表戦シリーズを終えました。

By | 2017-04-21T21:52:35+00:00 10月 16th, 2014|Categories: コラム, 日本代表コラム, 日本代表観戦記, 観戦記|Tags: |0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment