テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

長靴の国で観た異邦人たち 二の巻【アジアの好敵手達】

1asia

 8月20日21日の両日2016-17シーズンのセリエAが開幕。二節を終えると2018FIFAワールドカップ・ロシア大会最終予選で一時中断、ご存知のとおり日本がUAEに敗れ波乱の幕開けとなった。

 セリエAで起きた波乱はキエーボに敗れたインテル。長友佑都はスタメンでフル出場したのだが。
 ミラノからヴェローナに移動する際、列車の車窓から撮影した写真。ブレシアを過ぎるとアルプスとガルダ湖畔の街並み。イタリアでお薦めのロケーションのひとつが現れる。

1-verona

 ヴェローナのスタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディ。こちらは2014年の対戦時に撮影。コバチッチ(現レアル・マドリー所属)の活躍でマンチーニ・インテルが勝利、長友も攻守において貢献。

1-vverona

 インテルの黒星以外大きな番狂わせのない開幕節ではあったが、試合前、各誌紙記者に配布されたコピーにもう一人AFC地区最終予選登録メンバーの名前を見つけ少々驚いた。

 ちなみに代表の過半数が欧州でプレーする豪州代表・・・ではない。
 昨年10月18日シュツットガルトで撮影した一枚。この日フル出場した背番号7マシュー・レッキー(インゴルシュタット)をはじめバレンシアのGKマシュー・ライアン、クリスタルパレスのミル・ジェディナクも各々リーグ開幕戦でスタメン出場しているのだが、セリエAに豪州代表は見当たらない。ラツィオの有望株クリストファー・オイコノミディスは現在デンマークにレンタル中。

2leckie

 次にお隣韓国。同じ発酵食品でもピザの国とキムチの国は2002年のワールドカップ以来犬猿の関係。アン・ジョンファン以降韓国からイタリアのルートは途絶えたまま復興ならず。ブンデスリーガならば宇佐美貴史の同僚 ク・ジャチョル、チ・ドンウォンのアウグスブルクコンビ。プレミアではクリスタルパレスのイ・チョンヨンもセルハースト・パークでの開幕戦、スタメンでピッチに立っていた。FCポルトからトルコのトラブゾンシュポルにレンタルされたソク・ヒョンジョンと現韓国代表の前線は主に欧州組が担う。

1asia

 上写真のプログラムと入館証。チ・ドンウォンは昨季最終節を観戦(途中出場)しているが、アヤックス初となる東洋人プレーヤー、ソク・ヒョンジョンを六年前にアムステルダムで撮影した懐かしい一枚。

ajax-2010

By | 2016-10-31T23:18:53+00:00 9月 26th, 2016|Categories: コラム, セリエAコラム, その他コラム|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment