テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

長靴の国で観た異邦人たち 十三の巻【氷国から来た蹴球人達】

a23rapid

ユーロが閉幕して既に半年が経過した。サンドニのモニュメントも今やこんな形貌に。

aisland

大会を盛り上げたのがイングランドを下しベスト8入りしたアイスランド。この国の人口は四日市(三重県)より多いが所沢(埼玉県)よりは少ない。
それまでアヤックスのエースストライカーとしてブレイクしたシグソルソン以外、アイスランド人プレーヤーを観たことがなかったが、大会前訪れたブンデスリーガ最終節。アウスブルグのWWKアレナで先制ゴールを決めたのがアルフレッド・ファンボガソンだった。

a27-aug

ユーロ終了後も感興惹かれるアイスランド人プレーヤー。まずは10月19日チャンピオンズリーグ第三節パルク・デ・プリンス。CLとあって日本でも視聴された方も多いはず。
スコアを額面通りに受ければPSGの完勝だが、眼下ではバーゼルのプレーヤーに見るべきものが。翌朝レキップ紙の採点でも、PSGではラビオットの8点、ルーカスの7点は別格としても 6点は先制点のデ・マリアと完封したアレドラのみ。
それに対してバーゼルからは7人が6点とまずまずの好評価。その中の一人がアイスランド代表でもこの日と同じく8番を背負っていたビルキル・ビャルナソン。
5試合すべてスタメン出場しシグソルソンと並んでチーム最多の2ゴールを決めた功労者は、2012年からぺスカーラ→サンプドリア→ぺスカーラと3年間をイタリアで過ごしている。(写真左ビャルナソン 右ラビオット)

aisland-1

翌日のヨーロッパリーグ第三節。ウィーンのアリアンツスタジアム。ウォームアップから注目したのはラピドの23番アルノル・トラスタソン。ユーロ予選終了後に抜擢された新鋭ドリブラーは昨季までスウェーデンでプレー。この日も4-2-3-1の左に入り7分相手ゴールキーパーの弾いたボールをダイレクトのシュート。こぼれ球を味方が押し込み貴重なアシストを記録している。

a23rapid

さて本題のイタリアで観たアイスランド人プレーヤーといえば、六の巻でマノラスと競り合うスキンヘッド。

彼の名はエミル・ハルフレッドソン。

ユーロで代表チームは4-4-2を採用。左サイドハーフのレギュラーが前述のビャルナソン、交代要員としてトラスタソン。各年代の代表を経て2005年3月僅か1分の途中出場でA代表デビューした相手はアズーリだった。既に10年以上の歳月が過ぎ、その間2007年レッジーナに始まり2010年から5シーズンをヴェローナでは10番を背負い、そして今年の冬からウディネーゼと伊国暮らしは長い。

apa3

代表では左ハーフの3番手でもディフェンシブな位置でも使えるレフティ。ミランのベンチに根が生えた日本人レフティも、間もなく開く冬の移籍市場での動向が注目される。
個人的には彼を中盤下がり目で起用する監督(クラブ)を期待しているのだが。

By | 2016-12-27T11:13:14+00:00 12月 23rd, 2016|Categories: コラム, セリエAコラム, その他コラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

Y.Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 / Xイチ独身 自称サッカルチャー欧州特派員。プレス席申請の際に 媒体名は「soccerlture.com」と記入するようにしてます。

Leave A Comment