テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

長靴の国で観た異邦人たち 十七の巻【チェコ黄金時代再来の予感】

pn

セリエA前半戦の天王山、12月17日の第17節首位ユヴェントスはホームでASローマを完封、ウィンターブレーク目前で既に独走状態。年明け8日19節のボローニャ戦も危なげない横綱相撲を披露した。

長靴の国で観た異邦人たちの番外編。ユヴェントスを取り上げるが、長靴の国では観ていない。前話でもふれたお隣フランスでの回想録。そして再びチェコ人の話題。

最終節を待たずして決着のつくグループの多いチャンピオンズリーグ(CL)に比べ若者達が凌ぎを削るユースリーグは文句なしに面白い。
一昨季のバルセロナーアヤックス、昨季のPSG-レアルに続き、今シーズンはオリンピック・リヨンとユヴェントスの試合を観戦した。

rm

年齢制限によりメンバーが前年と大幅に入れ替わる同大会、14-15シーズン、アヤックスとバルサの後塵を拝し早期敗退したとはいえ潜在能力の高さが垣間見えたPSGは昨季準優勝。

年も明け2月に行われるプレーオフの目玉はアヤックスとユヴェントスの対戦。
96年CLファイナル、PK戦の結果連覇を逃したアヤックスのエース、クライファートの息子ジャスティン(99年5月生まれ)。20年以上の歳月を経て親の仇を息子が討つのか?
しかしクライフ信者でアヤックスに肩入れする筆者も今回は正直分が悪いと思っている。

一昨季バルサ戦で才能の片鱗に触れたドニ―・ファン・デ・ベークとアブドゥラク・ヌウリは11月24日のUEFAヨーロッパリーグ、パナシナイコス戦に共にフル出場。二人とも1997年生まれ=19歳のミッドフィルダーは既にトップチームで存在感を放ちU19を卒業しており、U19のコンペティションにU19主力が不在、実質U18のメンバーで挑んでいるのがアヤックス。

uefa-youth-lueage-2

一方のユヴェントスを独断と偏見で優勝候補に据えている。現在のユヴェントスU19には面白い異邦人が目白押しなのだ。

ユヴェントスのプレシーズンJEEP Tour 2016=豪州・香港遠征の25選手にはU19のプレーヤー数名が抜擢された。メルボルン戦、サウスチャイナ戦には出場機会が与えられているのがチェコU20代表のロマン・マツェク。かつてU17チェコ代表チームの二枚看板として将来を期待され、2014年3月U17欧州選手権予選では若きアズーリを撃破。既にマツェクはユヴェントス、もう一枚の看板ヴァーツラフ・チェルニー(1997年10月生まれ)もアヤックスの下部に所属していた。

ユヴェントスとアヤックスの対戦を語るうえで興味深いデータが昨年9月1日と4日、U20オランダ代表とチェコ代表の親善試合2連戦。オランダ伝統の4-3-3。中盤の3枚は初戦がファン・デ・ベークとデ・ヨングのアヤックスコンビ。第二戦はヌウリがスタメン、途中でファン・デ・ベークと交代している。マツェクは初戦先制ゴールを決めフル出場。第二戦もスタメン、63分までプレーしている。
ちなみにチェルニーは、U21チェコ代表に飛び級で招集され1日はモンテネグロ、6日にはベルギーとのU21欧州選手権の予選に出場していた為不参加。

juve

さて2016年10月18日。会場は昨夏完成間もないグルパマ・OLトレーニングセンター。副会長パベル・ネドベドが見守る中、マツェクは右サイドハーフで奮闘した。

pn

16歳のロマン争奪戦はプレミアからアーセナル、マンチェスターユナイテッドを退け、ユヴェントスが勝利したのも当然。
この日の印象としては、運動量はそこそこ、尊敬する母国の大先輩さながら守備でも手を抜かない。スピードはないが、技術面の高さは申し分ない典型的なパサー。事実、プリマヴェーラでは今季8試合で5アシストを記録している。プレースキックの精度も高く今後の課題は自らの得点数をどう増やしていくか。

macek

188cmの長身の肢体から繰り出すしなやかな身のこなしは、バレーボールのチェコ代表だった同名の父親と同じくバレーボーラーの母エヴァさんから受け継いだもので、更に姉(妹?)のクレラさんもバレーボール選手のアスリート一家。来季はセリエBか国外中堅国のトップチームへ貸し出されるかもしれない。ドニー・ファン・デ・ベーク同様、まだ線が細いのは仕方ないとして、チームのメンバー構成にあわせ中盤の位置なら何所でもこなせる。実はこの二人共通点がもうひとつ。共に1997年4月18日生まれ。同じ日に生まれたセントラルミッドフィルダーがA代表の中盤に君臨し対峙する未来はそう遠くはない。

By | 2017-01-18T21:50:29+00:00 1月 18th, 2017|Categories: コラム, その他コラム|0 Comments

About the Author:

Y.Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 / Xイチ独身 自称サッカルチャー欧州特派員。プレス席申請の際に 媒体名は「soccerlture.com」と記入するようにしてます。

Leave A Comment