テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

日本VSイラク 1-0で勝つことの大切さ

 グループ最大のライバルと考えられていたイラクに1-0で勝利した日本。あれだけチャンスを作りながら1点しか奪えなかったことで、日本国民の多くは物足りなさを感じた事だろう。確かに大量得点を奪って勝った方がスッキリするが、1-0で勝つことも大切だ。今回はこの一戦を別の角度から捉える事にしたい。

☆チェンジペースを身につける時

 1点リードで迎えた後半、暑さの影響で足が止まり始めた日本に対し、イラクが攻勢に出て来た。その状況を変えるべく、アギーレは遠藤に代えて今野、乾に代えて清武と2枚の交代カードを切った。司令塔の遠藤を下げて守備的な今野を投入したという事は、守備に意識を傾けろという事だ。アギーレは選手交代で自身の考えをピッチ上に伝えたのだ。

 この判断に間違いはなかったし、選手たちにとって分かりやすい采配だったと思う。しかし日本の選手たちとアギーレの間には少しの溝があるようにも感じた。というのも、アギーレが守備的な交代を行ったにも関わらず、日本の選手たちは追加点を狙おうと動く場面が多かった。相手に奪われるかもしれないギリギリの縦パスを出す場面もあり、リードを守り抜く意識に欠けていた。つまり、選手たちはアギーレの考えを100%理解している訳ではないといえる。

 象徴的だったのは今野が後ろから相手選手を倒してイエローカードを受けた場面だ。1点をリードしている終盤に、自分たちのミスから相手にカウンター攻撃を許すなどあってはならない。あの場面でも日本は不用意な縦パスを相手に奪われている。攻めにいくのか、守りにいくのか。日本はチームとしての判断力がまだまだ乏しい。どんなに疲れが溜まってもペースが一定で、前からプレスをかけ続けてしまう。状況によっては後方にブロックを作って相手にボールを持たせる展開も必要だ。

☆1-0で勝つことの意義

 前任のザッケローニ体制で守備の脆さを露呈した日本は、アギーレ体制の4年間で守備を改善していかなければならない。その点において、イラク戦を1-0というスコアで終えたのは良かったと思う。ブラジルやドイツといった世界の強豪に勝つためには、1点のリードを守り切る守備力が必要不可欠だからだ。
 大切なのはイラクに勝つ事ではなく、アジアカップ全体を通して2018W杯に向けた土台作りをしていく事だ。いくらアジアを圧倒的な力で制したとしても、W杯で1勝もできないのでは意味がない。

 状況によって守備的な戦術にシフトする事は、ワールドスタンダードなチームになるためにも身につけておかねばならない。言い方を変えれば、日本は大人なサッカーを覚える時期に来ているのだ。

 2014W杯を制したドイツも、猛暑のブラジルで状況に合わせて戦い方を変えて見せた。時には守備的に、時にはポゼッションを軸とした攻撃的なサッカーに。こうしたブレの少ないチームを作ることがW杯で勝ち進むための1つの条件となる。勢いだけで決勝まで辿り着けるほどW杯は甘くはないのだ。

 イラク戦も、オーストラリア独特の熱い気候に苦しみ、90分間をフルスロットルで走り抜く事は不可能だった。こうした不都合な事態に直面した場合は、追加点を狙い続けるのではなく、1-0でゲームを終わらせるマネジメント能力が必要だ。わざわざ得点を狙いに行って相手にカウンターの好機を与える必要は無い。

 そもそも日本は世界的に見ても格下の部類に入るため、常に攻撃で押し切れるなんて事はありえない。時には相手に一方的に攻められる展開もあるだろう。そういった試合をモノにする1-0というスコアが、4年後の日本には絶対に必要だ。ザッケローニの築いたパスワークを磨きつつ、1-0で勝てるチームを作る・・・。それがアギーレに課せられた1つの使命でもあるのだ。

By | 2017-04-21T21:52:13+00:00 1月 26th, 2015|Categories: コラム, 日本代表コラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

大阪府在住 / 20代 / 趣味:サッカー観戦、カラオケ / サッカー歴:中学2年よりサッカーを始める。人生初の試合が0-12、チームとしてのシュート数0と歴史的な大敗となり、カルチャーショックを受ける。それ以降なぜ0-12で負けたのかを研究するようになり、気付けばサッカーオタクとなっていた。

Leave A Comment