テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

必然の快勝劇と杉田亜未がいる幸せ【プレナスなでしこリーグ1部第4節、伊賀FCくノ一VSちふれASエルフェン埼玉】

伊賀FCくノ一、必然の快勝劇と杉田亜未がいる幸せ
【プレナスなでしこリーグ第4節】
開催日:2017年4月23日 13:00 KICK OFF
会場:上野運動公園競技場(三重県)
伊賀FCくノ一 4-0 ちふれASエルフェン埼玉
【得点者】<伊賀FCくノ一>杉田(16分)、佐藤(24分)、小嶋(84,93分)

クラシコにはロナウドやメッシがいるが、伊賀にも杉田亜未がいる!

 
 伊賀フットボールクラブくノ一の主将FW杉田亜未が凄まじいミドルシュートで先制点を奪った。その後も2アシストを記録した。あのシュートを撃つ直前、『キャプテン翼』の主人公・大空翼の声で、「ドライブシュートだ」と言った気がした。
 
 スペインではこの日の夜、レアル・マドリーVSバルセロナによる“エル・クラシコ”が行われた。2-3とアウェイのバルセロナが勝利したクラシコには、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシを始めとしたクラッキ(名手)が大勢いた。

 伊賀にも杉田亜未がいる。

 ロナウドやメッシは守備を免除されているが、杉田は誰よりも走り回って相手に身体を寄せ、ボールを奪っては自らドリブル突破してチャンスを作る。その上で、この日のような忘れられないゴラッソまで決めてくれる。

 後半の中頃、ハーフウェイライン付近で相手のタックルを受け、杉田はしばらく立ち上がれなかった。その時に何となく思い返した。彼女は怪我で欠場するような事もなく、ずっと全試合出場を続けてくれている。

 筆者は何となく観たCS放送の『なでしこリーグハイライト』で、当時は吉備国際大学Charmeの主将だった彼女のプレーとショートインタビューで初めて彼女の存在を知った。あれから約4年半、彼女はずっと休む事なく走り続けてくれている。

 倒れ込んでいた彼女が起き上がった時、それがどんなに幸せな事なのか?改めて実感した。

未勝利同士の対決となった伊賀FC VS AS埼玉

By | 2017-04-29T22:06:57+00:00 4月 27th, 2017|Categories: なでしこリーグ観戦記, 観戦記|Tags: , , |1 Comment

About the Author:

hirobrown

創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

One Comment

  1. Jリーグファン 2017年5月12日 at 8:10 PM - Reply

    お久しぶりにコメントします!
    僕は名前の通りにJリーグファンで、なでしこリーグなど現地では観たことがありませんでした。
    でもこの記事を読んで杉田選手には大変興味を持ちました。またコメントします!

Leave A Comment