テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

伊賀FCくノ一と杉田亜未には野田監督が必要だ!【プレナスなでしこリーグ1部第6節、伊賀FCくノ一vs浦和レッズL】

【プレナスなでしこリーグ1部第6節】
開催日:2017年5月3日 13:00 KICK OFF
会場:上野運動公園競技場(三重県)
伊賀FCくノ一 0-3 浦和レッズL
【得点者】<浦和レッズL>吉良(42,77分)、菅澤(64分)

「連敗をとめられない責任は全て監督である私にあり、選手個々の能力を活かした戦い方に導いてあげることができず、サッカーを難しくしてしまっています。中3日と時間はありませんが、次節の長野戦は出来る限りの変化と覚悟を持って臨みたいと思います。」

 との悲壮感の強い言葉を発したのは、この試合で敗れた伊賀フットボールクラブくノ一の野田朱美監督。

 開幕から6試合を消化して1勝1分4敗。第3節で昨季7位のジェフユナイテッド市原千葉レディースに敗れ、今季初勝利を挟んで、第5節では1部初昇格のノジマステラ神奈川相模原にも敗れた。この日も昨季8位の浦和レッドダイヤモンズレディースにも。この手痛い3試合の敗戦で野田監督は追い詰められている。

 しかし、野田監督が就任してから約1年が経った現在、伊賀FCくノ一のサッカーは劇的に変わった。実際に「やれることが多くなった」「野田監督には感謝しかない」と、選手達も口にしている。

 そして、これまでは類まれな能力を兼ね備えながらもサポート役に過ぎなかったMF杉田亜未が主体的に・能動的にサッカーに取り組むようになったチームは魅力的になった。

 伊賀フットボールクラブくノ一にも、杉田亜未にも、野田朱美監督が必要だ!

昇格組ノジマ相手の手痛い敗戦を経て迎える天敵・浦和

写真1:伊賀VS浦和のスコア 

 GW初日の5月3日、プレナスなでしこリーグ1部第6節、伊賀FCくノ一VS浦和レッズLの試合が行われる三重県伊賀市の上野運動公園競技場は太陽が燦々と照る気持ち良いサッカー日和。

 5節を終了した時点で共に1勝1分3敗と苦しいスタートとなっている両チーム。しかし、両チームには個々で魅力的な選手が揃っている事もあり、この日はなでしこジャパンの高倉麻子監督も視察に訪れていた。

About the Author:

hirobrown

創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment