テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

PA内でのハンドに笛を吹くべきか

 サッカーでよく話題になるのが、ハンドの判定。特にPA内でのハンドは常に物議をかもす事となる。故意にハンドを犯したと分かるようなプレーであればイエローカードなどの罰則を与えるべきだが、相手の蹴ったボールが偶然手に当たった場合もハンドと取った方が良いのだろうか。

 このあたりは審判の好みで分かれてしまう。その事についてFIFAは、14-15シーズンより偶発的なハンドは反則と判定しないと決議を出した。つまりPA内で偶然手にボールが当たった場合でも、PKとはジャッジしないという事だ。

 しかし、未だに不可解なハンドの判定を見かける事が多々ある。審判の好みで判定が分かれてしまう試合があって良いのだろうか。判定基準について掘り下げる。

☆物議をかもした元日のプレミアリーグ

 元日におこなわれたプレミアリーグ第20節で、物議をかもす試合が2つあった。1つは2-2のドローに終わったレスター・シティVSリヴァプール。もう1つは1-1のドローとなったストーク・シティVSマンチェスター・ユナイテッドである。

 物議をかもしたのは、PA内でのハンドについて。レスターとリヴァプールの試合では、リヴァプールに2つのPKが与えられており、いずれもPA内でのハンドを取ったものだった。

 1つ目はリヴァプールの選手が左サイドから折り返したボールがレスターDFの左手に当たったもの。この時レスターのDFはクロスに対してスライディングをかけており、明らかに故意のハンドでは無かった。
 しかし主審のジョーンズは迷わずPKの判定を下した。

 もう1つは、ジェラードがPA内をドリブル突破しようと浮かしたボールがレスターDFの左手に当たったもの。これも故意とは考えづらいものだったが、主審はPKの判定を下した。どちらも偶発的に起こったハンドに見えたのだが、これはFIFAが提言したものと食い違いがあるのではないか。

 一方のストークとユナイテッドの試合では、ストークの選手のヘディングシュートがユナイテッドDFのスモーリングの手に当たったが、主審のマイケル・オリバーはハンドと取らなかった。これもストークの選手とスモーリングの距離が近かったため、故意によるものとは考えづらい。
 ただ、ヘディングシュートは枠を捉えており、ストークのベンチからは不満の声も上がった。ボールの勢いも強く、スモーリングの手に当たった事は誰が見ても明らかだった。これに比べれば、レスターのDFが犯した2つのハンドが可愛く思える。

 ハンドと取らなかったマイケル・オリバーという主審は、プレミアのみならず世界的に有名な人物だ。判定に問題があるとは思わないが、彼は今季PA内で起こったハンドに対して1度も笛を吹いていない。FIFAの提唱するルールを忠実に守っている人物と言える。

 レスターとリヴァプールの一戦を裁いたジョーンズと、ストークとユナイテッドの一戦を担当したオリバーのどちらが正しいとは言い切れない。しかしPA内でのハンドに毎回笛を吹いていては、サッカーとして面白くないようにも思う。
 現にレスターとリヴァプールの試合でリヴァプールが挙げた2ゴールはどちらもハンドからのPKであり、これが無ければレスターは金星を掴んでいたかもしれないのだ。

 さらに1月4日におこなわれたリーガ・エスパニョーラ第17節、バレンシアVSレアル・マドリーの一戦でもPA内でのハンドからPKが取られている。この場面では、レアルの選手が蹴ったクロスがネグレドの右腕に当たったプレーをハンドと判定した訳だが、このプレーは蹴った選手とネグレドの間に距離があり、故意と判断されてもおかしくはない状況だった。

 しかし、故意か故意でないかの判断を下すのは難しい。これは主審の感性に左右されてしまい、意識を共通させるのは不可能だ。それならばマイケル・オリバーのようにPA内でのハンドの全てを無視するなど、徹底した方が良いだろう。

 もし判定にブレがあれば、「さっきのハンドはPKじゃないのか!?」と選手や監督からも不満が出るし、「先週の主審はPKと取ってくれたぞ!」などと言い出す者もいるだろう。これではゴールを奪いに行くのかハンドを奪いに行くのかサッカーそのものに支障をきたしかねない。

 南米ではPA内でハンドを誘発するための練習をおこなうと聞いた事もある。ゴールを狙ってシュートを撃つのではなく、相手の手を狙ってシュートを撃つのだ。これも立派な戦術の1つだが、これに審判団が翻弄されるのはマズイ。

 PA内でのハンドをどのように扱うのか。もう1度審判団で協議をする必要があるだろう。

By | 2017-04-21T21:52:15+00:00 1月 13th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

大阪府在住 / 20代 / 趣味:サッカー観戦、カラオケ / サッカー歴:中学2年よりサッカーを始める。人生初の試合が0-12、チームとしてのシュート数0と歴史的な大敗となり、カルチャーショックを受ける。それ以降なぜ0-12で負けたのかを研究するようになり、気付けばサッカーオタクとなっていた。

Leave A Comment