テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

EURO予選に悩み苦しむ世界王者ドイツ

ドイツのサッカー、あるいはメンタリティーを評して俗に「ゲルマン魂」という。
これはFIFAへの復帰が許された1954年のスイス大会でいきなり優勝を果たし、
ドイツの底力を(当時は西ドイツ)見せつけ、初めてテレビ中継も行われたため、
世界中の人々の記憶に残ることとなった。

時代は下って、2014年ブラジルワールドカップでは、各国がクオリティの高い活躍を見せる中、ドイツは格の違いを見せつけ、開催国のブラジルをどん底に落とし、アルゼンチンにも勝利して、南米での初めての欧州王者が誕生した。

2016年の欧州選手権フランス大会、そして2018年のロシアワールドカップでは、前世界王者の同じ道をたどり、さらにその先も願っているはずだ。

EUの中で比較的経済的に恵まれている一方、UEFAフィナンシャルフェアプレーのお手本とされた協会やクラブ経営とその満杯の観客動員は、世界のお手本とされている。事実観客動員高で見ると世界一の実績を誇り、あるべきサッカーの姿といってもいい。
女子サッカーの充実ぶりも見逃せない。

ドイツは欧州選手権の予選ではクループDに属し、6国のうち上にチームがストレートイン、3位のチームのうち最も成績のいいチームが本戦に進む外は、プレーオフを行う。

そして3試合を消化した段階で、勝点4。同じ勝点のスコットランドとは得失点差がわずかに3。

数字の話はこのへんにしておこう。

理由は2つあると言われている。
ひとつは、クローゼ、メルテザッカー、ラームのベテランが引退したこと。
もう一つはエジル、クロスクロイツ、ケディラ、ゴメスなどの相次ぐ故障。
ある意味選手の大部分が変わってしまった形だ。

By | 2017-04-21T21:52:34+00:00 10月 22nd, 2014|Categories: 未分類|0 Comments

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment