テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

J1リーグ第31節 ガンバ大阪VSベガルタ ~柔軟性の果てに待っていた泥試合

ガンバ大阪1-1ベガルタ仙台
得点者
【ガンバ大阪】大森(46分)
【ベガルタ仙台】柳沢(93分)

「アギーレっぽい柔軟性の果てにあった泥試合」

【ガンバ大阪スターティング】

強豪・FC東京相手に、連勝ストップ後の連敗阻止、現状のベストメンバーで仙台を迎え撃つ

 ガンバはブラジルW杯による中断をリーグ16位と言う降格圏で迎えたものの、中断明け後の5連勝で一気に盛り返し。カップ戦はナビスコカップで決勝進出、天皇杯でもベスト4進出を決め、Jリーグ史上2000年の鹿島アントラーズ以来2度目の3冠の可能性を残しています。
 特にアジア大会への派遣と負傷欠場によりCB西野貴治に替わって丹羽が入って以降は内容面の濃い勝利が続いており、ナビスコカップ準決勝時は欠場していた小林悠と中村憲剛が復帰した川崎相手には、中盤で積極的に前でボールを奪おうとする今野が出場停止となった事で、先発に抜擢された内田達也がポジショニングセンスで川崎が使うバイタルエリアを封鎖する”待つ守備”をチーム全体として浸透。結果として、セットプレーからの1点を守り勝つ1-0での勝利により、現在Jリーグで最も美しいサッカーをするチームに完封勝利しての7連勝を達成。

By | 2017-04-21T21:52:29+00:00 11月 7th, 2014|Categories: J1リーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment