『万博のファンタジフタ』二川孝広が電撃的な東京ヴェルディ移籍から即活躍

 下部組織時代から一筋に約21年を過ごしたガンバ大阪から東京ヴェルディ1969への移籍を決意した二川孝広。

 シャイ過ぎる性格ゆえ、結婚した同僚選手がいても直接口に出して、「おめでとう」と言えず、急にその選手のロッカーに花束を置いて帰った事もある。

 日本代表に招集されても、当時の中心選手だったMF中村俊輔に「二川くんは誰ともしゃべってない」と言われるほど無口な二川。

 ガンバでも2000年のトップチーム昇格から17年半、2003年に背番号10番を付けてから13年半が経った彼の移籍は衝撃だった。

寡黙な二川は脚で語る!”ファンタジフタ・イ二エフタ”の恋人はブラジル人助っ人FW

 その類まれなパスセンスは、特に2002年から10シーズンの長期政権を築いた西野朗監督時代に重宝された。

 二川の活躍と共に、チームもクラブ史上初タイトルとなる2005年のJ1リーグ優勝を皮切りに、2007年のヤマザキナビスコカップ、2008年のAFCチャンピオンズリーグ、2008,2009年度の天皇杯2連覇など、数多くのタイトルを獲得。さらに2005年から2012年までの8シーズン中5シーズンで「リーグ最多得点チーム」となり、攻撃サッカーの看板を掲げるチームで重要な役割を担った。 

 二川の代名詞は、狭いスペースの中でもワンタッチで前を向けるトラップの正確さや、その独特の間から繰り出される極上のスルーパスの数々。その華麗なプレースタイルから、イタリア語で「想像力のある選手」を意味するファンタジスタをもじった”ファンタジフタ”や、スペイン代表やバルセロナで得点に直結するプレーを披露し続けるアンドレス・イニエスタをもじった”イ二エフタ”という異名をとるほどの攻撃的MFだ。

 その類まれなパスセンスに支えられて来たのが、ユース時代の同級生である元日本代表FW大黒将志(現・モンテディオ山形)。そして、マグノ・アウべスやバレー、レアンドロ(現・ヴィッセル神戸)など、得点を量産して来たブラジル人の助っ人FW達だ。

 どう見ても奥手の二川にとって、または得点を量産させてくれるブラジル人助っ人FW達にとっても、彼等は相思相愛の”恋人”同士のように見えた。

[J2降格よりも驚かせた結婚発表]

 2011年シーズン限りで退任した西野監督が10年間の長期政権の中で「心残りは?」と聞かれると、「二川を結婚させられなかった」と冗談交じりに語った言葉は、ファン・サポーターも、「思わず納得」、してしまうエピソードの1つだ。

 そんな二川は2013年の1月に急に一般女性との結婚を発表。チームメートも「クラブの公式HPの発表で知った」というビッグサプライズだった。

 ガンバは2012年シーズンにJ1リーグで17位に終わり、2013年シーズンのJ2降格が決まっていた。このシーズンもJ1最多得点を記録し、新旧の日本代表選手が揃ったガンバのJ2降格は衝撃だったが、二川の結婚はそれ以上の驚きだった。

 チームは2013年にJ2リーグで優勝し、翌年にJ1リーグとナビスコカップ、天皇杯と史上初のJ1昇格初年度の3冠を達成する事になるのだが、この“福”を呼び込んだのは二川だったのかもしれない。