テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

【連載】サイドバックから考える現代サッカー~時代や戦術に翻弄され、求められた“ハイブリッド化”

ゾーンプレスの功罪が引き出した、
「サイドバック自身が攻撃する時代」

 そんな中、SBにとって一大事だったのは、2トップ全盛時代となった1980年代以降だろう。当時、国内外で黄金期を迎えていたイングランドのリヴァプールが<4-4-2>のゾーン守備を採用し始め、それがイタリアに伝わり、アリゴ・サッキ監督がACミランで「ゾーンプレス」として完成させた新戦術だ。人につくマンマークが主流だったサッカーに、スペースを埋めるゾーン守備の導入は「“個人”よりも“組織”の時代」の到来が顕著に現れたターニングポイントだろう。

 ゾーンプレスは一気に世界中に広まり、未だにその影響はどんなチームにも見られるサッカーの教科書的要素となっている。それだけ教えやすく、覚えやすい戦術で、結果に即直結した。ただ、それは守備の部分だけに特化されていたため、功罪もある。

 Jリーグでも2012年にJ1最多得点チームだったガンバ大阪がJ2へ降格したが、翌年から就任した長谷川健太監督の下、「ゾーンプレスも知らなかった」選手たちにそれを植え付けた結果、2013年にJ2優勝・2014年にはJ1昇格初年度での3冠を達成した。

 しかし、宇佐美貴史(現フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ2部)とパトリック(現サンフレッチェ広島)による“J最強2トップ”に任せきりの攻撃は単調で、次第に対策をとられて抑え込まれた。すると長谷川監督は<4-4-2>から<4-2-3-1>へとメインシステムを替え、宇佐美のサイドMFへのコンバートや欧州移籍、1トップで孤立したパトリックの大スランプにより、年々成績は下降。今季は2試合を残して2桁順位に沈んでいて、今や「超攻撃のガンバ」などとは誰も言わなくなった。同様の現象は昨季をクラブ史上最高の5位で終えながら、今季は現在17位でJ2降格濃厚となってしまった大宮アルディージャにも起きている。得点とアシストを量産し、川崎フロンターレに引き抜かれた元ガンバのMF家長昭博は、G大阪での宇佐美と同様の役割を担っており、共に『ガンバユース史上最高傑作』と称されるアタッカーだった。

 この近年のJリーグにも起きた現象は世界的にも珍しくはない。つまり、攻撃よりも守備に重きを置くため、<4-4-2>の両サイドMFに攻撃面や前線でプレスするよりも、自陣のスペースを埋めることを優先させたからだ。

 話を1990年代に戻すが、世界中のチームが2トップを採用する事でウイングが消え、さらに両サイドMFにも守備を重点的に徹底させた結果、SBは最大の使命である「ウイングの突破を止める」というタスクがなくなった。そして、「サイドバック自身が攻撃する時代」がやって来た。

あのブラジルも採用した3バック時代で篩に掛けられたSB

 「サイドバック自身が攻撃する時代」の象徴は、ブラジル代表の右のカフー&左のロベルト・カルロスだろう。ブラジルは1994年の米国W杯と2002年の日韓W杯で優勝したが、ブラジル国内では「守備的過ぎる」と言われて不評なチームだった。カフーとロべカルが主力に定着した1998年のフランスW杯は準優勝に終わったが、優勝した前後の大会より評価が高かった。

 ブラジル国民から見れば守備的なのかもしれないが、他国から見ればブラジルはいつも十分に攻撃的に見えるのは、カフー&ロべカルを始めとした両サイドが共に高い位置をとる超攻撃的SBの存在があったからなのかもしれない。ただ、2002年は3バックを採用しており、カフー&ロべカルは1列上がったウイングバックとして起用されていた。

 コレは時代の流れもマッチしていた。2トップを密着マークするため、1990年代後半からはドイツとイタリアでマンマークを基本とする3バックが採用され始めたのだ。特に当時のブンデスリーガのチームはほとんど<3-5-2>のフォーメーションを組むチームばかりとなっていて、それが各国代表チームにも伝わった。

 そして、コレがSBにとって大きな転機となった。4バックのSBとしてプレーしていたほとんどの選手は、3バックシステムでは唯一のサイドプレーヤーとなるWBで起用された。また、守備面に特徴があったSBは3バックの1角に組み込まれ、“スピードのあるセンターバック”として新境地を開拓する選手も現れた。ただ、WBにはSB以外に本職はMFやウイング、サイドアタッカーのような1列前でプレーする攻撃型の選手もコンバートされていた。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment