テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

FC岐阜に花を咲かせる大木武監督~ユースや地域リーグ、女子サッカーを経て

 “ハナサカサッカーおじさん” 大木監督

 FC岐阜はJ2でも残留争いを繰り返して来た。愛するチームを応援するサポーターは、クラブの規模や事情、経営状態を考えても、J2に定着している現実を喜びとして日々サポートを続けている。ただ、その成績やサッカーの内容面だけを見ていると枯れそうになる時もあるだろう。サポーターに忍耐を強いるという意味で。

 笑顔で満ち溢れた大木監督が愛情を注ぐサッカーは、そんな枯れた大地に花を咲かせる。

 2017年シーズンに司令塔を担ったスペイン人MFシシーニョは徳島へと移籍してしまい、加入1年目ながら主将を担った“パス・マスター”MF庄司悦大もJ1・ベガルタ仙台へステップアップした。

 それでも、“ハナサカサッカーおじさん” 大木監督は、新シーズンもFC岐阜で指揮を執る。新たなシシーニョや庄司も育つだろう。大木監督は、「問題のある監督」なのではなく、大木監督がいなくなる方が「問題」なのだ。

 新シーズンもその笑顔と愛情に溢れたサッカーを楽しみにしたい!

【関連記事】〇『“日本らしい”バニーズのサッカーで初戦を制す! 【プレナスチャレンジリーグ≪プレーオフ順位決定戦1位~4位»第1節、バニーズ京都VS大和S】』
〇『バニーズ京都SCがなでしこリーグ2部昇格!~昇格を勝ち取ったオーダーメイドなサッカー【2017プレナスなでしこリーグ2部・チャレンジリーグ入替戦・第2節】』

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment