テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ルイス・エンリケ監督の命運は後2試合?チーム内には不協和音も

 リーガ・エスパニョーラ17節ではメッシ、ネイマールをベンチスタートにした上にディビッド・モイーズ率いるレアル・ソシエダに1−0で敗れたバルセロナ。

 スビサレッタSDは解任され、その後を追うようにプジョルもチームを去るなど、大激震が続いているが、チーム内でもルイス・エンリケ監督に対する不満が募ってきているようだ。

 バルセロナも幹部会議を招集し、ルイス・エンリケ監督を続投するか否かは今後の二試合、国王杯のエルチェ戦とリーガでのアトレティコ戦の結果を見て判断するようだ。

 結果のみならず、選手間の信頼をも取り戻してチームの建て直しを要求されているようで、以上の二つを成し遂げない限り、チームを去るということになりそうだ。

 既にジェラール・ピケはマスコミに対し不満をぶちまけているようだ。

 また、メッシもラ・レアルとの一戦にベンチスタートになったことでエンリケ監督と口論になり、仲が急速に悪化しているという報道もあり、予断を許さない状態だ。

 確かに、ビラノバ、マルティーノ、エンリケの三監督の前半戦の戦績を見比べると、状態は悪くなっていると言える。

 ビラノバ監督は17節まで無敗(レアル・マドリードとのドローのみ)、マルティーノ監督は15勝1分1敗(オサスナにドロー、アスレティック・ビルバオに敗戦)であるが、エンリケ監督は12勝2分3敗と確かに見劣りがする。

 だが、選手や戦術の過渡期で2位につけている今の情況はけして悪いとは言えないhずなのだが、これもまた大チームの宿命なのだろう。

 エンリケはチームを再び建て直すことができるのだろうか?

By | 2017-04-21T21:52:14+00:00 1月 20th, 2015|Categories: コラム, リーガエスパニョルコラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment