テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

波乱の続くユーロ予選。理由を考察してみる

 まだ三節が終わったばかりのユーロ予選ではあるが、強豪国が苦しんでいるのが目に付く。

 オランダが二敗目を喫しているのを筆頭に、ドイツ、スペインなども苦しんでいる。何が原因になっているのだろうか、考えてみたところ、2つのことに思い至った。

 いずれも、世代交代の時期にさしかかり、ベテラン選手が抜けている、ということである。

 オランダは先のワールドカップで獅子奮迅の活躍を見せたカイトが引退、

 ドイツもラーム、クローゼが、スペインではシャビが引退といずれもチームの核となる選手が抜けている。

 この中でもドイツとオランダには痛い。ラームはここ10年、不動のスタメンとしてサイドを担っていた人材であり、クローゼに至ってはその存在自体がドイツ代表のプランBであったからだ。

 カイトはファン・ハールが敷く様々な布陣で足りない部分を補う、まさにマルチロールを地で行く選手であったし、その運動量で戦術の穴を埋めていただけに、彼の不在でオランダは戦術的自由度を失ってしまっている。

 いずれにしても、彼らのようなベテランの穴を埋めるのは容易なことではない。暫くは我慢して若手を使っていくしかないだろう。彗星のごとく新人が出てくる、というような御伽噺は早々無いわけなのだから。

 そして二つ目は、いずれの国もプランBが無い、もしくはあってもそれが上手く機能していない、ということだ。

 オランダはビハインドになった際にファン・ペルシとフンテラールを同時起用して前線の攻撃力を挙げる策に出たが、これはポジションが完全にかぶってしまい、機能しなかった。ドイツはというと、クローゼの引退によりプランB自体が無くなってしまい、新布陣を模索中であるし、スペインに至っては肝心のプランAが上手く機能していない。

 今回のユーロ予選はルール改訂によりだいぶ敷居が低くなっており、通過は出来るとは思うが、苦戦は免れ得ないだろう。

 果たしてユーロ本選までに立て直すことは可能なのか?
 各国代表監督の苦悩はまだ続きそうだ。

By | 2017-04-21T21:52:34+00:00 10月 24th, 2014|Categories: コラム, 各国代表コラム|Tags: , , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment