テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ヨーロッパリーグ グループリーグ第1節 エバートン対ヴォルフスブルグ 〜負けに不思議の負けなし〜

 毎シーズン言われていることだが、ドイツ・ブンデスリーガにとってヨーロッパリーグは鬼門である。この理由の一つに、トップ3と言えるバイエルン、ドルトムント、シャルケ、それに追随するレーバークーゼン、メンヘングラッドバッハ、ヴォルフスブルグといったチームと、他のチームの差があること。

 そして何よりも健全経営を旨とするリーグの方針で他のリーグのような補強ができないことが上げられる。
 
 しかし、ヴォルフスブルグは経営を100%フォルクスワーゲングループが行っており、その資金力で巨大な戦力を保有、ヨーロッパリーグに望んできただけに、期待をしていた。
 しかし、試合を見た限りでは保有戦力を上手く回せていない。

 また、監督も欧州の大舞台に立つのは初、選手も代表での経験はあるもののチームでの欧州は初という選手も多く、上手く体が動いていなかったように思う。

 そんな中、試合は静かにスタートした。エバートンも先日ようやく初勝利を上げたばかりでチームも勢いに乗れておらず、慎重な立ち上がりだったが、ヴォルフスブルグ側にミスが多くリズムが作れない中でエバートンがそのミスをついての先生ゴールを叩き込み、その後も何度か得点機を作ったエバートンは前半アディショナルにもゴールを叩き込んで2−0で折り返すと、後半開始すぐにPKを得るとこれもきっちり決め、終了間際にもカウンターを鮮やかに決めるなど効果的な時間帯に得点を決めてホームで勝利を飾った。
 
 ヴォルフスブルグの最後のロドリゲスのFKはおまけという感じであった。反撃が余りにも遅すぎ、ミスも多すぎた。

 そして更に気になるのは、両チーム共にフルメンバーで戦っている点だ。共に中2日でリーグを戦うことになるが、果たしてチームへの影響は大丈夫なのだろうか?特にエバートンはコールマンを負傷で欠くだけに、マンチェスター・ユナイテッドとの試合に後を引かなければいいのだが……

By | 2017-04-21T21:52:41+00:00 9月 24th, 2014|Categories: ヨーロッパリーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment