テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

チェルシーにドログバが帰還

 2011−12シーズンのCL決勝。あの感動的なヘディングを決め、CL優勝をもぎ取ってから早2年が経った。2014年夏、ディディエ・ドログバがチェルシーに帰ってくる。

 フィジカル、テクニック、ゴールセンスに長けた生粋のストライカー、ドログバ。彼のチェルシーにおける功績はチェルシーサポーターなら誰もが知るところである。前回のチェルシー在籍中には226試合に出場し、100得点をあげている。その中でも前述したCL決勝バイエルン戦でのヘディングシュートは特別なものだった。このまま1点ビハインドの後半戦終了間際、MFファン・マタのコーナーキックからの鋭いクロスに、しっかりと頭を合わせた彼が放ったヘディングシュートはGKノイアーの手をこぼれ、ゴールへと吸い込まれた。そのまま延長戦、PK戦へと突入したチェルシーは、最後にドログバが左隅にPKを決め、優勝を勝ち取ったのであった。そして彼はそのシーズンを最後にチェルシーから旅立ったのである。

 チェルシーを出た後、中国の上海申花、トルコのガラタサライを渡り歩いた彼は、ユベントスへの移籍の噂が大きく報じられながらも、チェルシーに帰ってきた。

 すでに年齢は36歳とピークを過ぎている選手ではあるが、磨き抜かれたその能力にはまだまだ期待できると思われる。また彼はチームを鼓舞し勇気づける、キャプテンシーを持っている。
母国では英雄と呼ばれる彼は、先日行われたブラジルW杯のコートジボワールVS日本戦でも、日本に先制され追い込まれる中、途中出場。彼の登場にスタジアムは大歓声が巻き起こり、その直後チームは2得点を挙げ、逆転勝利。彼の見えない力が形になり現れた瞬間ではないだろうか。

By | 2014-09-10T21:11:48+00:00 8月 19th, 2014|Categories: コラム, プレミアリーグコラム, 移籍情報|Tags: , |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment