テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ドルトムント、冬の移籍第一弾はカンプル。その狙いは?

 今冬の移籍市場での補強はしない、という宣言をしていたボルシア・ドルトムントだったが、自動降格圏の17位で折り返しとなった現状では、そうも言っていられなかったようだ。

 シーズン休止後すぐの22日、オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルグからスロベニア代表MFのケヴィン・カンプルの獲得を発表した。

 契約期間は2019年6月までの4年半で、移籍金は推定で1000万から1200万ユーロと言われている。

 彼の獲得には同じくブンデスリーガで彼の恩師であるロジャー・シュミットが率いているバイヤー・レーバークーゼンの他、ツヴァイテリーグに所属している同じレッドブル系列のRBライプツィヒも興味を示しており、それらの機先を制しての電撃的な獲得となった。

 彼はレーバークーゼンユースの出身であるが、トップチームでの出場が無いままチームを放出された過去を持つ。

 3部リーグで燻っていた所をザルツブルグの監督になったロジャー・シュミットに見出され、彼の指導の下でその能力を開花させた。

 主戦場は右サイドだが、トップ下やセントラルの位置もこなせる器用さも兼ね備えている。トリッキーなドリブルも持っているが、彼の最大の武器はその多彩なパスセンスにある。

 今季、既に7ゴール11アシストを挙げていることからも、彼の能力は疑いようの無いところだ。

 ロイス、ミキタリアンなど前への推進力を持つ選手は多いものの、リズムが一本調子では攻撃も徐々に停滞してしまう。

 彼の持つパスセンスは、ドルトムントの攻撃に変拍子を加え、攻撃をより重厚に仕立て上げることだろう。

 香川の復調を待てない現状では、最高の補強であるのは言うまでもない。

 彼のブンデスリーグデビューは来年1月31日、恩師であるロジャー・シュミット率いるバイヤー・レーバークーゼンとなる。

 果たして恩師の前で、更に成長した姿を見せられるだろうか?再開を指折り数えて待つことになりそうだ。

By | 2017-04-21T21:52:19+00:00 1月 3rd, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代
出身地:埼玉県
サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ
趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment