テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

波乱の幕開け ドイツDFBポカール一回戦に見るドイツのサッカーレベルの高さ

 月曜日の4試合をもって、ドイツDFBポカール(日本で言う天皇杯に相当するトーナメント戦)の一回戦が終了した。
 全32試合中、延長戦に突入した試合は10試合、うちPK戦までもつれた試合は3試合あり、

既に開幕している三部以下の下位リーグに有利になる日程であるとはいえ、この事実は目を見張るものがあると言えるだろう。

そして実に9チームが下位チームに足元を掬われるという、ジャイアントキリングが起こっている。その中にはEL予選を戦ったマインツやCL出場が決まっているシャルケも含まれるというチームの充実振りである。

 これは一部のチームの開幕が遅いための調整不足という面も含まれるにせよ、ドイツという国全体のサッカーのレベルが上がっているということの証明であるともいえる。特にシャルケと対戦したドレスデンは、今シーズンは三部に落ちたチームであり、主力を含めて大きく様変わりをしているチームであり、文字通りこれで乗ってくることだろう。現在、三部で2位と好調な様子を見せており、この調子を維持できれば来シーズンは二部へ自動昇格していることだろう。

 しかし、ここまでの波乱が起こった大会も珍しい。特に昨シーズンのポカールは順当に上位陣がほぼ勝っていただけに、この落差は非常に面白い。これぞサッカーという、醍醐味を存分に味わうことができた。二回戦は8月23日に抽選会が行われ、10月28日と29日に行われる。全ての試合が抽選で決められるという独特の方式のDFBポカールだけに、どのようなカードになるのか、今から楽しみである。

By | 2017-04-21T21:52:48+00:00 8月 26th, 2014|Categories: コラム, ブンデスリーガコラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment