テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ウェンブリー、過去最低動員数を記録

9月3日に行われた国際親善試合でノルウェーと試合をし、1−0となんとか勝ったイングランド代表。
しかし、その時の観客数は4万181人と過去最低を記録していた。

直近10試合の観客数が7万人を記録していただけに、そのショックは大きい。

 これには英代表の人気の低迷があるように思える。W杯では惨敗。大会後、レジェンドと呼ぶにふさわしいランパード、ジェラードが代表を引退。長年チームを牽引した2人はチームを去った。非常に寂しく、チームのスカッドもある種の威光のようなものに欠ける、物足りないものになった。それを引き継ぐのは、ウェイン・ルーニーだ。
 
 ロイ・ホジソン率いる代表には世代交代が求められている。
 
 ルーニーは上手くチームをまとめられるのか。期待があつまっている。注目の若手ウィルイシャア、スターリングらと共にチームが成長し、人気回復成るか。特にウィルシャアへの関係者からの眼差しは熱い。これからのイングランドフットボールを担う存在ともいわれる。ルーニーと共にチームを引っ張ってくれるとよいのだが・・・。フットボールの母国イングランドのこれからの飛躍に注目したい。
 しかし、前述のウィルシャアはまだ若い。英代表の大黒柱はやはりルーニー。だが彼はユナイテッドのキャプテンも並行して務めるようだ。ユナイテッドもかつてない低迷期にある中、この二足のわらじは彼に大きなプレッシャーをもたらすだろう。早く周囲の若手が成長してほしいものだ。
 そしてサポーターの足を再びウェンブリーへ。

By | 2017-04-21T21:52:43+00:00 9月 15th, 2014|Categories: コラム, 各国代表コラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment