テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マンチェスターの憂鬱。ブリントも離脱でチームは火の車に

 先日はスペイン代表での練習中に正ゴールキーパーのデ・ヘアが負傷離脱したマンチェスター・ユナイテッドだが、今度中盤でも怪我人が増えてしまった。

 ファン・ハールは再びスターティングイレブンの再考に頭を悩ませねばならなくなってしまった。

 事故が起きたのはユーロ2016大会のグループリーグ第4節、ラトビア戦であった。

 オランダ代表として出場したブリントがラトビアのヴィスナコフと衝突してしまい、負傷交代を余儀なくされてしまったのだ。

 どうやら膝の靭帯を痛めてしまったようで、自身の足でピッチを後にすることは出来たものの、4〜6週間の離脱になりそうとの報道が出ている。

 オランダ代表のヒディンク監督は内側側副靭帯の損傷、もしくは部分断裂の恐れがある、と示唆しており、仮に断裂していた場合は復帰は更に遅れる可能性が出てくる。

 このような事態のため、肋骨の骨折の影響がまだ抜けきっていないエレーラ、もしくはフレッチャーを起用せざるを得ないと思われる。

 センターバックもユースから上がったばかりのブラケットとマクネアのコンビにキーパーも第2キーパーのリンデゴーアと急造布陣でガナーズと対戦することになりそうだ。

 現在、ガナーズは昨シーズンまでユナイテッドに在籍していたウェルベックが1トップを務めており、個々の選手の癖も知っているだけに、どこまで戦えるかが焦点となりそうだ。

 だが、ここ数年はガナーズ戦前は負傷者等が出て危機に陥るものの、なぜか完勝して息を吹き返すというサイクルが出来ており、意外に大勝してしまいそうな気もするのだが、果たしてどのような結果で終わるのだろうか?

 ファン・ハールの腕の見せ所である。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment