テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【81】セルティックパーク / グラスゴー

アジア杯も明日の決勝を残すのみ。既に欧州各国リーグが再開。来月にはUEFAコンペティションもノックラウトラウンドの激闘が始まる。ヨーロッパリーグ32クラブ中最も北に位置するセルティックパークには2500キロ南のイベリア半島からヴァレンシアFCが乗り込んでくる。


◆◆◆◆◆◆

セルティックがスペイン勢と対戦するのは2シーズンぶり、一昨季(2016-17)シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージ以来なのだが頻度は結構高い。


◆◆◆◆◆

緑白横縞ファミリーの後ろに見えるのはミラノ・チェントラーレ。サンシーロで延長戦まで縺れ、セルティックのクラブ史の刻まれた名勝負。この少年も、今では見上げる程成長していることだろう。


◆◆◆◆◆◆

久留実さんには11月23日のバルセロナ戦パンフレットと一緒にウォルフリッド·ウィッシュのフライヤーを持ってもらった。創始者の修道士ウォルフレッドの慈善精神が今も同クラブには継承されており、セルティック財団のコミュニティコーチを務めるジョー·マーンズ氏は、正に象徴的存在。彼は生まれた時から腕と脊椎の脊柱側弯症がない状態で日常を過ごし、現在は子供や障がい者の指導をしている。

第81景はグラフゴーのセルティックパーク。このスタジアムの雰囲気も伝わる彼の自己紹介映像。


◆◆◆◆◆

パンフ頁をめくると、過去のセルティック対スペインクラブの歴史が記されている。左頁には2008-09シーズンのビジャ·レアル戦。中村俊輔はH&A両試合ともスタメンで出場していた。

人口や市民1人当たりのGDPでは3番目の大都市、マンチェスターやリヴァプールよりは洗練された都会である。


◆◆◆◆◆

エジンバラからグラスゴーまでの長距離バスも、中央駅から宿のあるアニーズランドまでの近距離列車の切符もロンドンで購入したモノと同じオレンジ色のデザイン。境界線はあっても陸続きだからこれはわかる。しかし紙幣はイングランド発行以外に、スコットランド側でも独自に三つの銀行が造幣しているからもう訳がわからない。このBANK OF SCOTLAND札など日本では何処も換金してくれないから紙屑同然。


◆◆◆◆◆

スタジアム敷地内に到着したFCバルセロナのバスを、民族衣装を纏ってバグパイプを演奏する少年達が先導するおもてなし。


◆◆◆◆◆

このシーズンは、1967年にリスボンライオンズがインテルを下し欧州制覇を達成してから半世紀の記念年。時計の針がキックオフから67分を指すと、携帯電話の光でスタジアムを照らす簡易イルミネーションが披露される。

昨年ポルトガルのギマライエンスでもこのパフォーマンスが行われており欧州では意外に流行しているのか。


◆◆◆◆◆

こちらが試合のハイライト。ネイマールのふわりと上げたボールを、狭いニアに突き刺したメッシの超人シュートで先制。
ルイス・スアレスがエリア内でエミリオ・イザグイールともつれて獲得したPKもメッシが決めてバルサ完勝。

試合後は、ブレンダン·ロジャースがリヴァプール時代に寵愛したスアレスを抱きしめるシーンも見られた。


◆◆◆◆◆

日本でもIPAが流行しているらしくグランドキリンIPAを飲んでみた。無難な味。確かに苦みはある。
前景で推したデ・モーレンのブアー&ブラム はIPA でも筆者の知る限り最も飲み易い部類に入るが、スタジアムで飲むならペール·エールよりも更に軽いゴールデン·エールを1本蔵から出すことに。久留実さんにゴクゴクいってもらったのはハービストンの ビター アンド ツイステッド。


◆◆◆◆◆

グラスゴーから北東に33マイルほど、エジンバラからだと北西に38マイル程度の距離に位置する街アルヴァの醸造所で1983年から生産が始まった新しい銘柄。アルコールは4.2%と軽め。


◆◆◆◆◆

さて、前回ウルビー·エマヌエルソンに続いて今回登場したルイス・スアレスもアヤックス時代同じ釜の飯を食った仲。同時期には、現在豪·シドニーFCでプレーするシーム·デ・ヨング、カナダのトロントFCのグレゴリー·ヴァンデル・ヴィール、少し後の世代になるがエバートンから今季ブレーメンに移籍したダフィ·クラーセンなど、アヤックスから移籍して輝きを失った元オランダ代表はエマヌエルソンだけではない。


◆◆◆◆◆

選手以外でも若き名将と持て囃されフランク・デ・ブールはミラノ、ロンドンで辛酸を舐めまくった。他にもこのアムステルダムのクラブで継承されるフットボールが独特で異端かを証明するエピソードには事欠かない。


◆◆◆◆◆

スアレスはフローニンヘンから移籍すると、アドリー・コスター、マルコ・ファン・バステン、マルティン・ヨルと監督・戦術が変わっても常にフィットして結果を出し続けた。


◆◆◆◆◆

咬みつきやダイビングに人種差別発言、やレ中指を立てたとかダーティーなイメージとは裏腹に、戦術理解度と適応力が高く非常にクレバーな選手。

でなければアヤックスからのオファーは来ない。これまで多くの日本人がオランダに渡っていても一人として声がかからない。
過去を振り返るならば、アヤックスで通用しそうな邦人が一人だけいる。セルティックの右サイドで攻撃のタクトを振るっていた頃の中村俊輔。


◆◆◆◆◆

イタリア·レッジーナでの3シーズンを経て、27歳となった2005年8月にセルティックへ。現在も変わらぬ圧倒的存在感の源は、戦術理解力の高さに他ならない。


◆◆◆◆◆

かつてスアレスも袖を通した緑白縦縞からサムライブルーのウェアに変わっても、変わらぬ輝きを放つのは戦術の理解が早いと評判の堂安律。本日欧州の移籍市場は幕を閉じ、残念ながら噂されたアヤックスへの移籍は実現しなかった。しかし近い将来彼がこの名門のユニフォームに袖を通しレギュラーポジションを確保したならば、その先、四大リーグへのステップアップと活躍は確約されたと言っても過言ではない。

【八十一景了】

文/撮影:横澤悦孝 モデル:久留実《Culumi》

By | 2019-01-31T15:45:54+00:00 1月 31st, 2019|Categories: Soccerlture League, コラム, ひゃくぷら, 未分類|0 Comments

About the Author:

横澤 悦孝
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment